京都新聞で紹介!有松遼一『舞台のかすみが晴れるころ』

京都新聞で紹介!有松遼一『舞台のかすみが晴れるころ』

2022年5月28日(土)京都新聞読書面にて、有松遼一さんの『舞台のかすみが晴れるころ』が紹介されました。

 

能の大曲で大事なのは「深呼吸」という。「覚えるのが仕事の大半」という謡での息の出し方と、それに伴う独特の身体感覚を紹介し、スポーツとの共通点について論じるところも面白い。

(書評文より一部引用)

是非お手に取ってご覧ください。

舞台のかすみが晴れるころ

舞台のかすみが晴れるころ

有松遼一

定価 2,700 円+税

  • 頁数:240 ページ
  • 装丁:いわながさとこ
  • 発刊:2022年03月15日
  • ISBN:9784909394651
  • 0095
書誌ページへ

この本が好きな方なら