ミシマ社サポーターを募集しています

ミシマ社では、私たちの出版活動を応援してくださる「ミシマ社サポーター」を募集しています。
2013年4月より始まったこのサポーター制度は、「贈与経済」のアイデアを参考にしています。
サポーターの方々からご支援という形で受け取ったパスを、「一冊入魂」の出版活動(本をつくり、届ける)を通して、今度は読者へつなげていく。
ミシマ社が今日まで活動を継続できているのも、サポーターのみなさまのおかげです。

サポーター制度の具体的な活動については、こちらも合わせてご覧ください。

代表・ミシマより

こんにちは。このページをご覧いただきありがとうございます。

2013年4月に始まった「ミシマ社サポーター」。以来、私たちの活動はサポーターの皆さまに支えられて成り立っております。 2020年春は多くのサポートを賜り、そのタイミングでMSLive!(ミシマ社のオンラインライブ配信)などを立ち上げ、コロナ下でも運営していける流れができるまでに至りました。新生児さながらに、全く新しい出版社として生まれ変わったような感覚です。それが可能になったのも、サポーターの皆さまがいてくださったからこそです。

「新生」という点では、毎年サポーター費の一部で、新卒メンバーを採用するようにしています。過去9年で7人採用してきました。2022年4月にも、新たに一人を迎える予定です。「出版が次世代へ継承されてほしい」、「出版という仕事が若い人たちへ開かれた、風通しのいい産業であってほしい」。若いメンバーが育っていく様を遠目に「いっしょに」見ていただけるのは、会社を運営していく上で、とても心強く、大きな喜びです。

また、この間、シリーズ「コーヒーと一冊」、雑誌 「ちゃぶ台」を創刊し、2019年7月には新レーベル「ちいさいミシマ社」をたちあげました。2020年6月には「一冊!取引所」という書店と出版社の「現場」をつなぐシステムの開発も行いました。このように、ささやかながら出版界の「光」を見つける活動に積極的でありたいと思っております。その何かが生まれる瞬間をサポーターの方々と共有できることも、とても励みになっています。

僭越ながら、サポーターの方々にとっても、私たちの活動が励みになることもあるようです。近年では本屋さんを開店されたり、何らかの事業を始められたり。「ミシマ社サポーター」を介して、どんどん「おもしろい」の輪が広がっている。そのことは私たちにとっても、大きな喜びにほかなりません。

本年度も私たちと共に「おもしろい」を盛り上げていただけましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 ミシマ社 代表 三島邦弘

 

2022年度 ミシマ社サポーター

サポーター期間:2022年4月1日~2023年3月31日

*次年度の更新時期はみなさま2023年の4月となります。
途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。

サポーターの種類と特典

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。

 

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ(写真は前年度のものです)。

 

 

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

 

クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。
後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

お問い合わせ

メール:supporters@mishimasha.com
(件名「2022サポーター申込み」にてお願いいたします)

ミシマ社 京都オフィス
TEL:075-746-3438 / FAX:075-746-3439

全国のサポーターさんが大集合!

 

サポーターさんご自身に、日々やお仕事のこと、サポーターになったきっかけなどについて、紹介いただくコーナーです。「みんなのミシマガジン」にて月一連載中。