動物になる日
ちいさいミシマ社

動物になる日

前田エマ
  • 定価 2,200 円+税
  • 判型四六判変形並製
  • 頁数200 ページ
  • 発刊2022年06月10日
  • ISBN9784909394682
  • Cコード0093
  • 装丁脇田あすか
取扱書店 一冊!取引所

本の詳細

死んだ人の形見を貰えるとしたら匂いがほしい。 モデル、エッセイ、ラジオパーソナリティなど、 多彩な活動が注目を集める著者による、 はじめての書き下ろし小説集。 少女の感性をみずみずしく描き、あらゆる境界をゆさぶる表題作「動物になる日」と初小説作品「うどん」を収録。素朴な疑問を手放さず、現代の生を潔く鮮やかに問う意欲作。 ●あらすじ 動物になる日 小学校四年生の「私」は、ピアノ教室でひとりの少女に出会う。文通を重ねて知る、女子校の存在、少女漫画のキュン、動物たちの交尾。「好きな人はいますか?」少女の問いかけに「私」が想像するのは、死んだネコを回収したゴミ収集車の男だった――少女がやがて体毛を剃り、香水の匂いを纏ってゆく一方、「私」は父親の匂いを嗅ぎ、命の違いを実感してゆく。 うどん 「私はお客さんの好きな食べ物を知っている。嫌いな食べ物も知っている。しかし名前は知らない」――「うどん屋」には、老人も、ろう者も、やがて同僚になる女性も、小学生も、家族を亡くした人も、訪れる。毎日のように顔を合わせていても、突然来なくなることがある。淡々と進む飲食店での日々に、きぬ子が見つけた、食べる場所と働き方のかたち。 装画・挿画:大杉祥子

先行発売と展覧会のご案内

前田エマによる初の著書『動物になる日』の刊行を記念して、東京・銀座「森岡書店」にて先行発売と展覧会を開催いたします。
はじめての本ができるまでの軌跡と、装画の原画展示を予定しております。ぜひ足をお運びください。
(詳細は「ちいさいミシマ社」Twitterやミシマ社ホームページにて随時ご案内いたします)

森岡書店 銀座店
住所:東京都中央区銀座1−28−15 鈴木ビル1階
会期:2022年6月7日(火)〜6月12日(日)
営業時間:13:00〜19:00、月曜休
電話:03-3535-5020

書店様へ

お取り扱い店舗を絶賛募集中です!
前田エマさん初の単著であり、初の小説作品である本書。ぜひともに届けていただけますと幸いです。
(*ゲラのご希望も随時承っております)

また書店様にかぎらず、雑貨店、喫茶店、銭湯など、様々な場所でお取り扱いいただけます。
直取引にて、小ロット・低正味にてお届け可能です。
ぜひ「一冊!取引所」をご利用ください。

著者情報

著: 前田エマ(マエダエマ)

1992年神奈川県生まれ。東京造形大学卒業。モデル、写真、ペインティング、ラジオパーソナリティなど、活動は多岐にわたり、エッセイやコラムの執筆も多数おこなっている。ミシマ社が発刊する雑誌『ちゃぶ台』にエッセイ「習字のこと」(6号)「中学の頃」(7号)「高校受験」(9号)を寄稿。本書が初の小説集となる。

関連ニュース