【7/23(土)BOOK MARKET2022会場イベント】前田エマ×中村暁野トークイベント「わたしとわたしたちのちいさな話」

【7/23(土)BOOK MARKET2022会場イベント】前田エマ×中村暁野トークイベント「わたしとわたしたちのちいさな話」

前田エマ『動物になる日』(ちいさいミシマ社)と中村暁野『家族カレンダー』(アノニマ・スタジオ)の刊行を記念して、著者のお二人によるトークイベントを開催いたします。

前田さんは今年6月に初めての著書にして初の小説集を上梓。
学校や飲食店を舞台に、日常に生まれる素朴な疑問や感覚、他人と過ごす中でどうしても生じてしまう違和感、それを手放さずに生きる、ある少女の姿が描かれています。

中村さんは、一年をかけてひとつの家族を取材し、一冊丸ごと家族を取り上げる雑誌「家族と一年誌 家族」を2015年に創刊。家族という最小単位の社会から、環境のこと、世界のことについて考え、執筆や発信をつづけてこられました。昨年11月には、5年間にわたって綴った日記をもとに初の自著『家族カレンダー』を発表されています。

自分のまわりにある「ちいさな話」をひろい集め、言葉につづり、本にする。

こうして世界と向き合いつづける二人の言葉には、大きな出来事を自分事として捉えるためのヒントが詰まっています。ちいさな声を信じ、自分の言葉で今を生きる二人のトークイベント、ぜひご参加ください。

***
以下、登壇者のお二人からのメッセージです。

遠くの世界のことを考えることと、ちいさな私のまわりの世界のことを考えることは、離れているように見えて、繋がっていること。書くことでそのことをより実感している私たちの”ちいさな話”を、大きな声で話したい。(前田エマ)

「ちいさなわたしの世界の話」が持つ力を信じたいよね、とエマちゃんと話した。
エマちゃんの小説、わたしの日記。嬉しいのでも悲しいのでもない、さざなみのような出来事たちから多くの「気づき」を拾い上げていく、言葉に紡いでいく。ささやかな気づきや個人の声の積み重ねを今、物語として紡いでいくことが、なにかいいものを世界に築いていく力になるんじゃないか、と思っています。そんな話が2人できたらいいな〜と楽しみです。(中村暁野)

出演者 前田エマ
中村暁野
日時 7月23日(土)
10:45 開場
11:00〜12:10 トークイベント
12:10〜12:30サイン会
会場 台東館 7階南側会場 イベントスペース(BOOK MARKET2022 会場)
住所 東京都台東区花川戸2-6-5 
定員 30名
参加費(会場のみ) ¥2,000+税(税込2,200円)
共催 ミシマ社、アノニマ・スタジオ

◆登壇者プロフィール
前田エマ
1992年神奈川県生まれ。東京造形大学卒業。モデル、写真、ペインティング、ラジオパーソナリティなど、活動は多岐にわたり、エッセイやコラムの執筆も行う。著書に小説集『動物になる日』(ちいさいミシマ社)がある。

中村暁野
1984年、ドイツ生まれ。多摩美術大学在学中から音楽ユニットPoPoyansとして活動。2010年に結婚・出産。家族のかたちや社会との関わり方に悩んだことがきっかけとなり、ひとつの家族を一年間に渡って取材し、丸ごと一冊一家族をとりあげる雑誌『家族と一年誌 家族』を2015年に創刊。雑誌やメディアで家族や暮らしについての執筆を行う。著書に5年間の日記をまとめた『家族カレンダー』(アノニマ・スタジオ)。11歳の娘、5歳の息子の母親。

ホームページ http://kazoku-magazine.com

*7/2(土)の正午12時から申込スタート
*定員になり次第終了
*「ミシマ社の本屋さんショップ」にてチケット販売

動物になる日

動物になる日

前田エマ

定価 2,200 円+税

  • 判型:並製
  • 頁数:200 ページ
  • 装丁:脇田あすか
  • 発刊:2022年06月10日
  • ISBN:9784909394682
  • 0093
書誌ページへ

この本が好きな方なら