原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

最初の晩餐(ちいさいミシマ社)

最初の晩餐(ちいさいミシマ社)

常盤司郎(著)

1,800円+税

判型:四六判並製
頁数:224ページ
装丁:鈴木千佳子
発刊:2020年3月20日
ISBN:978-4-909394-34-7 C0093

  • POP情報はこちらから
  • 取り扱い書店
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

父の遺言は、目玉焼きでした。

2019年11月、染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏らをキャストに迎えて公開され、高崎映画祭で最多受賞した構想7年の渾身の映画を、監督自らが小説化。

父の通夜に、久々に集まった家族と親戚。ぎこちない空気の中で、母は一風変わった「通夜ぶるまい」の料理を淡々と出していく。目玉焼き、焼き芋、ピザ…一品ごとに父との時間が蘇り、やがて家族が知らなかった「家族の秘密」が浮き彫りになっていく…。

再婚同士の家族が「家族になる瞬間」を描いた、「ちいさいミシマ社」初の小説。

本書は「ちいさいミシマ社」レーベルより発刊しております。
 書籍の詳細はちいさいミシマ社ホームページをご覧ください。

 

関連ニュース

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •