原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

縁食論

縁食論――孤食と共食のあいだ

藤原辰史(著)

1,700円+税

判型:四六判並製
頁数:192ページ
装丁:鈴木千佳子
発刊:2020年11月20日
ISBN:978-4-909394-43-9 C0095

  • 取り扱い書店
  • 一冊!取引所
  • POP情報はこちらから
  •  
  •         

Webで購入

内容

「縁食」とは、
コロナ禍が収まりを見せたあとに訪れる、
新たな社会の突破口――。
 
ベーシックインカムと食堂/食べ物に値段がなかったら/弁当と給食の暴力/死者との縁食/基本的に食べ物は「あまる」…
 
ひとりぼっちで食べる「孤食」とも、強いつながりを強制されて食べる「共食」とも異なる食のかたちとは? 家族や会社などの共同体に制度崩壊が起こる今、社会が希求する「ゆるやかな並存の場」を示す挑戦作。
 
<<ミシマ社創業15周年記念企画>>
 

著者情報

藤原辰史(ふじはら・たつし)

1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナチス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の哲学』でサントリー学芸賞を受賞。『カブラの冬』『稲の大東亜共栄圏』『食べること考えること』『トラクターの世界史』『食べるとはどういうことか』ほか著書多数。

目次

第1章 縁食とは何か――孤食と共食のあいだ
第2章 縁食のかたち
1 公衆食堂の小史
2 食の囲い込み
3 食の脱商品化考
第3章 縁食のながめ
1 弁当と給食の弁証法
2 無料食堂試論
3 縁側のタバコ
第4章 縁食のにぎわい
1 死者と食べる
2 食を聴く
3 縁食の祭り――『ポースケ』に寄せて
第5章 縁食の人文学
1 「もれ」について――「直耕」としての食
2 パンデミックの孤独――「居心地のよい空間」をめぐる人文学

あとがき

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •