クモのイト
2刷

クモのイト

中田 兼介
  • 定価 1,800 円+税
  • 判型四六判
  • 頁数200 ページ
  • 発刊2019年09月26日
  • ISBN9784909394262
  • Cコード0045
  • 装丁佐藤亜沙美
取扱書店 一冊!取引所

本の詳細

もしもクモがいなかったら? 蜘蛛の「糸」と「意図」が人間と生物を支配している!? その驚くべき生態と「クモの知恵」! 「ウェブ」は「クモの巣」の意。人気者・スパイダーマンのキャッチフレーズは「親愛なる隣人」。芥川龍之介の代表作は『蜘蛛の糸』……こんなに身近な存在のクモなのに、知らなかったことばかり! ・網を張るのはメスだけ→トル ・網は毎日張り直している ・クモは自分で張った糸を食べてリサイクルする ・オスはメスに食べられることも多い→トル ・メスに食べられないようにプレゼントを渡すオスがいる ・クモはほ乳類を食べることもできる ・クモは日本人よりたくさん宇宙に行っている ・最大7種類の糸を使い分ける ・子グモは糸を使って空を飛ぶ ・オスは脚を使って子作りをする ・年間に世界のクモが食べる量は全人類の体重に匹敵 ・クモの糸は細菌の繁殖を抑える ・クモは糸の振動から、相手の位置などを察知する→トル ・実験室育ちのクモは柔軟性を失う→トル ・クモは脳の一部を脚に収納する ・地球に棲むクモの総体重はおよそ2500万トン ・網を張るクモは、眼があまり見えない ・クモの糸は鋼鉄と同じくらいの強さがある …etc. 本書を読み終わったら、家のクモが違って見える。 そして、人生の視点もちょっと変わる、かもしれない。

著者情報

著: 中田 兼介(ナカタ ケンスケ)

1967年大阪生まれ。京都女子大学教授。専門は動物(主にクモ)の行動学や生態学。なんでも遺伝子を調べる時代に、目に見える現象を扱うことにこだわるローテク研究者。現在、日本動物行動学会発行の国際学術誌『Journal of Ethology』編集長。著書に『まちぶせるクモ』(共立出版)、『びっくり!おどろき!動物まるごと大図鑑』(ミネルヴァ書房)など。監修に『図解 なんかへんな生きもの』(ぬまがさワタリ著、光文社)。こっそりと薪ストーバー。