原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.4 「発酵×経済」号

ミシマ社 編

1,600円+税

判型:四六判コデックス装
頁数:208ページ
装丁:矢萩多聞
発刊:2018年10月19日
ISBN:978-4-909394-15-6 C0036

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  • 取り扱い書店
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

ミシマ社の雑誌、第4弾!
 
これからの10年が黄金時代——。
この言葉に血が通うかどうかは、私たちひとりひとりにかかわっている。すべては自分たち次第。とにかく、ものすごい可能性の真っ只中に自分たちはいる!
 
特集1 菌をもっと! 
特集2 やわらかな経済
 
尾崎世界観による短編小説、滝口悠生によるエッセイ書き下ろし!
町田康×江弘毅、内田樹×森田真生の対談を収録。
小倉ヒラク、タルマーリー、藤本智士らが発酵を、
近藤淳也、平川克美らがこれからの経済を語る・・・
 
ほか豪華著者による書き下ろしが盛りだくさん! 言葉の栄養、たっぷりの一冊です。
 
毛細血管のように、体の、日本の隅々にまでめぐり、
菌のように体内外の、地球上の、あらゆるところでこっそり役にたつ。
『ちゃぶ台Vol.4』は、そんな雑誌でありたいと思っています。————編集部より
 

ミシマガ情報


ミシマガジン「月刊 ちゃぶ台」にて紹介しています!

目次
編集長による巻頭言

ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介!

ちゃぶ台編集長の三島と荻窪の本屋「Title」辻山さんとの対談が掲載されています!
もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」
もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」
 

パブリシティ情報

「発展した経済社会では、お金の価値が強調されがちだ。そんな中で、私たちは何に価値を見いだすのか―。目に見えない菌などによる発酵という視点を交えることが、人によって異なるであろう、その答えを考える手掛かりとなるはずだ。」(2018年11月8日神戸新聞)


目次

益田ミリ 魔法のポケット
先進県・秋田との出会い
小倉ヒラク 秋田で起きている「生命の復活」
藤原辰史 縁食論(3)——死者と食べる
タルマーリー 渡邉格・麻里子 天然菌が世の中の常識を変える!
榎本俊二 ギャグマンガ家山陰移住ストーリー PART3
近藤淳也 賃貸物件に無垢材を使う
対談 町田康×江弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか
尾崎世界観 祖父と
ブックレビュー『そっと 静かに』
宮田正樹 春夏秋冬 島で農業をして生きる
中村明珍 猪突ちょっとずつ
内田健太郎 島の暮らしと極楽浄土
滝口悠生 チャンドラモハン
対談 内田樹×森田真生 壊れゆく制度のなかで、教育は
吉成秀夫 久住さんのこと
佐藤ジュンコ 女のひとり飯
藤本智士 あきた発酵中〜均質より菌質を
松村圭一郎 人間の経済 商業の経済
高井浩章 パブに流れる3つの時間
三浦豊 菌目線になる
平川克美 自分のふるさとをつくる
編集後記

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •