自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

THE BOOKS green

THE BOOKS green365人の本屋さんが中高生に心から推す「この一冊」

ミシマ社 編

1500円+税

刷り:2刷
判型:46判並製変型
頁数:432ページ
装丁:大原健一郎(NIGN)
発刊:2015年3月27日
ISBN:978-4-903908-60-1 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

一冊の本が人生を変える。

「本離れ」「活字離れ」と嘆く前に、出版にかかわる私たちが本気で動かなければいけないことがある。その一つが中高生たちへ「この一冊」を紹介することであることは間違いないでしょう。

幸い、私たちの周りには、素敵な書店員さんがいっぱいいます。本を愛してやまないプロ中のプロです。そんな、365店舗の365人の方々が心から推す、「この一冊+その次に読むことをオススメする一冊」とは?

本書をぱらぱらと読めば、きっと、中高生にかぎらず、誰もが、読書の喜びに触れることになるはず。ブックガイドとしてはもちろん、ぜひ楽しんで「読んで」いただければこれほど嬉しいことはありません。そして同時に、本屋さんに通う喜びを味わっていただければと思います。前著『THE BOOKS』とは違う365店のお店にご登場いただいておりますので、『THE BOOKS』と合わせて書店巡りを楽しんでいただければ幸いです。

本という世界が、若い人たちのなかで血液のように流れつづけていくことを願いつつ。
(はじめにより)

ミシマガ情報

『THE BOOKS green』が出来上がるまでの制作裏をちらっとお見せします。
ミシマ社メンバーと書店員さんと座談会の様子です!
中高生が本好きになる「この一冊」!」(座談会編)
中高生が本好きになる「この一冊」!」(書店員さん解説編)


ミシマ社メンバーが自分の「誕生日本」を読む座談会を行ないました!
『THE BOOKS green』の楽しみ方 自分の誕生日の本はなに?(前編)
『THE BOOKS green』の楽しみ方 自分の誕生日の本はなに?(後編)


ミシマ社と本書について

ミシマ社は、「原点回帰の出版社」として2006年10月に創業。現在メンバーは8名。全員全チーム(編集・営業・仕掛け屋)の仕事をするというスタイルで、東京・自由が丘、京都府京都市の二拠点で、「一冊入魂」の出版活動を展開中。取次店などを介さない「直取引」という営業スタイルで「一冊」を全国の書店に卸している。

2012年に発刊した『THE BOOKS――365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』が好評で続編をとの声をいただいたこと、また一人でも多くの中高生に、人生を変える「一冊」との出会いを届けたいという想いから、前作とは重複のない365書店、365名の書店員さんに選書をしてもらい、構成した。本書に登場する書店のMAPを巻末に掲載。

目次

はじめに
本書の編集方針

1月 1年の初読書はハズレなしの名作で
2月 受験で緊張した心を和ます本
3月 人生の節目を迎えたときに
4月 新生活をがっちりサポートする本
5月 ウツウツした気持ちに効く本
6月 雨の季節。世界の広さ、深さを知ろう
7月 思春期の悩みは、この本で解決!
8月 真夏に読みたい冒険本、戦争本
9月 秋学期、きりりと気合いの入る本
10月 スポーツもので熱くなろう!
11月 芸術の秋、食欲の秋、恋の秋
12月 1年の終わりにじっくり読みたい本

365書店MAP

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •