原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

モヤモヤの正体

モヤモヤの正体迷惑とワガママの呪いを解く

尹雄大(著)

1,800円+税

刷り:3刷
判型:四六判並製
頁数:224ページ
装丁:矢萩多聞
発刊:2020年1月30日
ISBN:978-4-909394-31-6 C0095

  • 取り扱い書店
  • POP情報はこちらから
  •  
  •         

Webで購入

内容

犯人は、「他者の不可解な行動」や「社会の空気」にあらず……

共感、個性、協調性、正しさ、「みんなが…」
――こうした言葉で、現代人が自らハマる罠を見事に解明!
身体に根ざした、本当の自信を取り戻す!

本書では、多くの人がわだかまりを感じている出来事をそのまま受け止めて、「なんだかなぁ」と違和感を共有するにとどまらず、その手前までさかのぼり、起きていることを「ただ起きている出来事」として捉え、その上で何が私とあなたの間にモヤモヤを生じさせてしまうのか。そういうふうに考えてみることにしました。善い悪いを決めるためでも問題を解決するのでもなく、問題を作り出しているのは何か。モヤモヤの正体に迫っていきたいと思います。――「はじめに」より

著者情報

尹雄大(ゆん・うんで)

1970年神戸市生まれ。インタビュアー&ライター。政財界人やアスリート、アーティストなど約1000人に取材し、その経験と様々な武術を稽古した体験をもとに身体論を展開している。主な著書に『やわらかな言葉と体のレッスン』(春秋社)、『体の知性を取り戻す』(講談社現代新書)、『増補新版 FLOW 韓氏意拳の哲学』(晶文社)、『脇道にそれる』(春秋社)など。

関連ニュース

ミシマガ情報

『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1)

『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2)

教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。

尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1)

尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2)

「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜

パブリシティ情報

日本では「ノー」と面前で言うことはなかなか勇気がいると思います。いまどきは「ノーというなら代案を出せ」と言われかねませんから、率直に言わないことで波風立たないようにする場合もあるでしょう。ただ、率直に言わないことで和は保たれたとしても、それは「決して本当のことを言わない」ことで成り立っている関係性だとすれば、果たしてそこで言う「和」とは何なのでしょう。」――著者・尹さんの言葉より
――朝日新聞書評サイト「好書好日」著者インタビュー(2020年3月25日)

◎「日刊ゲンダイ」著者インタビュー掲載(2020年3月12日)
◎TBSラジオ「ACTION」武田砂鉄さんパーソナリティー回・ゲスト出演(2020年3月30日)
◎文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」ゲスト出演(2020年3月23日)

選書フェア開催!

刊行を記念して、著者の尹雄大さんに選書いただいた本を含めた選書フェア「『迷惑』と『ワガママ』の呪いを解く本」を開催します!

<開催中>
・HMV&BOOKS SHIBUYA / 文芸書担当さんによるミニ選書 / 〜終了日未定
・くまざわ書店 武蔵小金井北口店
・青山ブックセンター本店
・TSUTAYA ララガーデンつくば

目次

第1章 子育てをめぐるモヤモヤ
第2章 コミュニケーションをめぐるモヤモヤ
第3章 仕事をめぐるモヤモヤ
第4章 感情をめぐるモヤモヤ
第5章 教育をめぐるモヤモヤ
第6章 笑いをめぐるモヤモヤ
第7章 社会をめぐるモヤモヤ
第8章 他者の視線をめぐるモヤモヤ

【著者メッセージ】尹雄大さんからみなさまへ

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •