原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

ど忘れ書道

ど忘れ書道

いとうせいこう(著)

1,600円+税

判型:四六判並製
頁数:192ページ
装丁:佐藤亜沙美
発刊:2020年7月17日
ISBN:978-4-909394-38-5 C0095

  • 取り扱い書店
  • 一冊!取引所
  • POP情報はこちらから
  •  
  •         

Webで購入

内容

私の崩壊。
その過程をみなさんに目撃していただきたいと思う。
忘れの天才がしたためた、9年間の怒濤の「ど忘れ」記録。
何の役にも立ちません。by著者 

人前でなくて本当によかった。自分一人で考え事をしている最中であった。という次元を超えていると思った。背中に冷たい汗が流れた。「思い出す」という言葉を思い出せないということに、人格的な崩壊があった。(略)ああ、思い出すだ! と思い出したとき、安堵するより逆に恐くなった。そんな単純な言葉を忘れていたという事実に直面したからだ。もっと難解な言語だったらよかった。想起するとか、アウフヘーベンするとか、失念するとか、アプリオリな何かとか、そういうあれなら。――本文より

著者情報

いとうせいこう

1961年生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして、活字・映像・音楽・テレビ・舞台など、様々な分野で活躍。1988年、小説『ノーライフキング』(河出文庫)で作家デビュー。『ボタニカル・ライフ―植物生活―』(新潮文庫)で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』(河出文庫)で第35回野間文芸新人賞を受賞。近著に『「国境なき医師団」になろう!』(講談社現代新書)など。

関連ニュース

ミシマガ情報

ミシマガジンで『ど忘れ書道』刊行記念特集!

【特集 1】本文の一部&いとうさんからのメッセージ動画公開!

【特集2】「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

【SNS企画】「ど忘れ大賞」開催!

【参加方法】
下記3つを必ず入れて、TwitterまたはInstagramご投稿ください!
・「ど忘れワード」
・まつわるエピソードや言い訳などをひとこと
・ハッシュタグ「#ど忘れ大賞
 
【募集期間】
2020年7月16日(木)~8月31日(月)
 
見事大賞に輝いた方には、オリジナルTシャツの副賞も…!
(背面はいとうせいこうさんが直筆予定)
 

書店員の方々の声

ど忘れとはかくも奥深かいのかと、まさに「道」を感じました。絶対にたどり着かないだろ? と思われる道をも果敢に突き進む姿勢に、こうありたいものだなと、ど忘れに対する勇気をもらいました。
久しぶりに本を読みながらゲラゲラ笑ったので、なにかと鬱屈としている昨今、たくさん人に届くといいなー!
――土居彩さん(ジュンク堂書店藤沢店)
 
ど忘れレベルがものすごく、でもそれを丁寧に書き記していくいとうさんがとってもキュートでずっと読んでいたくなる面白さでした。
――市川真意さん(ジュンク堂書店池袋本店)
 
インテリないとうさんがこんなにも忘れがち、というところに「いいんだよ」的な安心感とダメな自分もゆるそう、という自己肯定感まで生まれます。
こういうのなんて言うんでしたっけ?癒し?アロマ?なんかボーリングみたいな名前のアレ・・・・。
――鈴木雅代さん(HMV&BOOKS SHIBUYA)
 

2020年7月17日発売!いとうせいこう『ど忘れ書道』告知動画

『ど忘れ書道』告知動画

いとうせいこう『ど忘れ書道』発刊コメント(ロングVer.)

審査委員長・いとうせいこう 「ど忘れ大賞」開催!

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •