イナンナの冥界下り

安田登

価 格
1,000円(+税)
判型
四六判並製(角丸)
頁数
96ページ
装丁
文平銀座
発刊
2015年12月08日
ISBN
978-4-903908-70-0
イナンナの冥界下り
  • 取扱い店舗
  • AMAZON
  • 版元ドットコム

内容

紀元前3000年に生まれた原初の神話が現代によみがえる! アフロディーナもヴィーナスも聖母マリアも、もとは皆、「イナンナ」から始まった!? 能楽師である著者が、古典中の古典「イナンナの冥界下り」を現代語訳、その隠された現代的意味を解説する。ウツ、自殺......「心」の副作用に見舞われている「不安創出社会」の次の時代のヒントがここに。

著者情報

安田登
やすだ・のぼる

1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、様々な活動を行う。「イナンナの冥界下り」をシュメール語で能楽を柱に上演する公演は、2015年11月から各地で随時行われる予定。著書に『異界を旅する能~ワキという存在』(ちくま文庫)、『日本人の身体』(ちくま新書)、『あわいの力~「心の時代」の次を生きる』(ミシマ社)など多数。

ミシマガ

本書に書ききれなかったエピソードがミシマガ特集に登場!
今月の特集1 女性たちの冥界下り 安田登×大島淑夫

同著者の関連本