原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

凍った脳みそ

凍った脳みそ

後藤 正文(著)

1,500円+税

2018年10月19日

刷り:3刷
判型:四六判並製
頁数:200ページ
装丁:名久井直子
装画:和田ラヂヲ
発刊:2018年10月19日
ISBN:978-4-909394-14-9 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  • 取り扱い書店
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

「そんなことは業者に任せ、その時間で音楽を作ってくれ」この本を読んだファンはそう思うであろう。しかし心配は無用。この迂回、屈曲こそが音楽の、いやそれのみならず文学の、いやそれのみならず人生の本然なのである。

――町田康氏

アジカン・ゴッチの音楽スタジオ「コールド・ブレイン・スタジオ」。
その空間で日夜起こる、脳みそが凍るほどに理不尽でおかしな出来事と事件。

様々な青年的な葛藤を経て、経て、経て、皮を剥いてヘタを取って、中から出てきた中年男性を鍋に入れて煮、冷蔵庫で粗熱を取ってから冷凍し、しばらくしてから取り出して皿に盛り付けたのがコールド・ブレイン・スタジオであり、本書である。とか言うと、わけがわからないかもしれない。が、この本はれっきとした音楽書であり、スタジオ作りにまつわる冒険譚でもある。とかなんとか言いながら、俺は今日もまたスタジオの音響について悩んでいる。

――「あとがき」より

著者情報

後藤 正文(ごとう・まさふみ)

1976 年静岡県生まれ。日本のロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATION のボーカル&ギターを担当し、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。ソロでは「Gotch」名義で活動。また、新しい時代とこれからの社会を考える新聞『THE FUTURE TIMES』の編集長を務める。レーベル「only in dreams」主宰。著書に『何度でもオールライトと歌え』(ミシマ社)、『YOROZU妄想の民俗史』(ロッキング・オン)、『ゴッチ語録』(ちくま文庫)がある。

関連ニュース

ミシマガ情報

ミシマガジンで『凍った脳みそ』の序を読むことができます!
『凍った脳みそ』序を公開します。

PVが公開されました!
『凍った脳みそ』PVをつくりました。

特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)
特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(2)


目次

序 COLD BRAIN STUDIOができるまで

1
白いモビルスーツ
リアル・モフモフ
カビ反乱軍の最期

2
ゴキジェット アマ
ゴキブリの身投げを止めるために
若者を助け、徳ポイントを貯めるのだ
Aから片付けることの面倒とZからのリスク

3
機材選びにともなう様々な困難
プレーンなオムレツ、プレーンなプリアンプ
「マイクは大事である」という話
弟子ケイタ

4
一点豪華主義
痛いシカゴ
婆さんがたったひとりで
  聞いてみるシリーズ(前編)︱「カンジェネ」海外レコ
  聞いてみるシリーズ(後編)︱「アカフー」海外レコ

5
不味い珈琲
飲料水で尻を洗うのは善か
四秒の壁

6
プロ技くんvs.キューちゃん
顔面ハゼの半魚
俺だけのミキちゃん
パンクロックなカニかまぼこ

あとがき

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •