自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

海岸線の歴史

海岸線の歴史

松本健一(著)

1800円+税

刷り:5刷
頁数:259ページ
装丁:クラフト・エヴィング商會
発刊:2009年5月2日
ISBN:978-4-903908-08-3 C0020

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

古代、山中に海があった。
今、海岸線はテトラポッドで埋め立てられ、消失しつつある。――
異常に海岸線の長い、世界有数の国、日本。
その「海やまのあひだ」で、日本人はどのように生きてきたのか?
古代から現代までの海岸線の変化を追いながら、これからの「日本のあり方」も浮き彫りにする。
10年を超える構想期間と度重なる推敲を経てついに完成した、ありそうで無かった視点で語る、瞠目の日本論。

著者情報

松本健一(まつもと・けんいち)

1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。現在、麗澤大学教授。評論・評論・小説など多方面で活躍。 著書に『白旗伝説』『北一輝論』(以上、講談社学術文庫)、『近代アジア精神史の試み』(岩波現代文庫、アジア太平洋賞受賞)、『開国・維新』(中央公論社)、『砂の文明・石の文明・泥の文明』(PHP新書)、『評伝 北一輝』(全五巻、岩波書店、司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞受賞)、『畏るべき昭和天皇』(毎日新聞社)など多数ある。

ミシマガ情報

ミシマガジンで著者が話すエピソードを掲載中!
» 本のこぼれ話

パブリシティ情報

「この国のかたちをめぐる、ユニークな文明論」
(麻木久仁子氏、「文藝春秋」09年8月号)

「老いた者が読むと思わず自らの死生観を自問したくなる書である」
(保坂正康氏、「朝日新聞」09年7月12日)

週刊朝日(09年7月3日号)

「近年の日本では、岸壁をコンクリートで固めるなどして『民族の記憶』を破壊する営みが進められている――終章で著者がもらす悲鳴の言葉が胸を打つ。」
(「読売新聞」朝刊 09年6月21日)


「海洋の専門家でないことが、かえって誰もが各地海岸で展開されてきた歴史断章に触れ、興味を誘われる書物となった。
(森本孝氏「東京新聞」朝刊 09年6月21日)


「時代とともに移りゆく海辺一帯の姿について、具体的な知見が示され、上質で透徹した施策と洞察が展開する。そして、すべてが混然一体となって、見事な日本文明論が出現する」
(杉山正明氏、「日本経済新聞」09年6月14日)


テレビ番組「週刊ブックレビュー」にて
いしいしんじさんオススメ本として(09年6月6日)

「二千年来、海とともに生きてきた民族の情操や知恵というものを、改めて考えてもらう機会を本書が提供できればと思います。」
(「週刊東洋経済」09年6月6日号)

週刊現代(09年6月6日号)

「グローバリズム時代に日本人にとっての海辺を問い直す好著。」
(「週刊文春」09年6月4日号)

目次

はじめに 海岸線は変わる
第一章 陸と海、神と人間が接する渚――古代から現代まで
第二章 山中に海があった――古代を中心に
第三章 海岸線に変化はなかったが――中世のころから
第四章 白砂青松の登場――江戸時代
第五章 『海国兵談』とナショナルな危機意識
第六章 「開国」と海岸線の大いなる変化
第七章 砂浜が消失する現代
第八章 海へのアイデンティティ
終章 海岸線を取り戻す――ナショナル・アイデンティティの再構築を求めて 

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •