自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

何度でもオールライトと歌え

何度でもオールライトと歌え

後藤正文(著)

1,500円+税

刷り:4刷
判型:四六判並製
頁数:224ページ
装丁:名久井直子
発刊:2016年4月27日
ISBN:978-4-903908-75-5 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

俺たちの時代で、断絶を起こしたくない。

『THE FUTURE TIMES』編集長として、
ASIAN KUNG-FU GENERATION のゴッチとして、
市井に生きる一人の阿呆として――
書かずにはいられなかった魂の言葉たち。

2011.3.9以降、書きためた日記を待望の書籍化。

爆笑・絶妙の名エッセイ(「ぽつねんと、阿呆がひとり」「爺さん婆さんと暮らす」「この野郎!」…etc.)と、これからの10年を牽引するオピニオン(「自分が暮らす町くらい自分で決めたい」「変わらなければならないのは、俺だ」「俺、デモに行くの怖いよ」…etc.)が響き合う一冊。

文学と論壇――両者を縦横無尽に行き来する新旗手現る!

著者情報

後藤正文(ごとう・まさふみ)

1976年静岡県生まれ。日本のロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATION のボーカル&ギターを担当し、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。ソロでは「Gotch」名義で活動。また、新しい時代とこれからの社会を考える新聞『THE FUTURE TIMES』の編集長を務める。レーベル「only in dreams」主宰。

ミシマガ情報

凱風館にて行なわれた、ゴッチこと後藤正文さんと建築家・光嶋さんの対談!
二人が語るライブを「みる」「する」「つくる」とは?!
ライブ、みる・する・つくる」(全3回)

パブリシティ情報

「俺たちがやるべきことは、世の中を簡単にすることじゃない。もっと細かく割っていって、それを許すことなんじゃないか」。(著者インタビュー、2016年5月20日、朝日新聞夕刊)

「音楽と言葉、東京都地方、原発問題、デモから大相撲の話まで、2011年3月9日以降の思考と模索の跡がたどれる」(2016年5月29日、読売新聞書評コーナー)

「後藤は、憎悪の言葉に憎悪で返すのではなく、対話を求め続ける。関係を断ち切れば楽なのに、あえて引き受けようとしているのだ。それもまたミュージシャンの仕事であるかのように。たのもしくて、かっこいい。アジカンの音楽がますます好きになった。」
(永江朗氏、2016年5月29日、週刊朝日「ベストセラー解読」コーナー)

「語りの巧みさ、思考の深さと展開の鮮やかさ、そして発信することへの覚悟など、並みの文筆家の比ではないとさえ思う。」
(日野淳氏、2016年5月30日、福井新聞オンライン、山陽新聞デジタル、琉球新報 電子版にて)

「『それでもロックンロールだけは、泥だらけの荒野からでも、”オールライト、大丈夫”と鳴らすものなんだと思っている。何度でも』これこそがつくり手のまっすぐな魂の叫びだと思います。この一行だけでも、音楽って素晴らしいと思いますよね」(亀田誠治氏、2016年6月8日J-WAVEラジオ、「亀田文庫」コーナー)

「『断言する怖さを持ちながら、やはり反対だと声をあげる。その複雑な回路を伝えるのはすごく難しい』。刺激の強い言葉ばかりがあふれ、ためらいを持ち続けることが難しい時代にこそ、後藤さんの姿勢が尊いものに思えてくる。」
(著者インタビューが地方誌にぞくぞく掲載! 5月29日:秋田魁新報、北日本新聞、下野新聞、山梨日日新聞、中国新聞、山陰中央新報、徳島新聞、沖縄タイムズ、琉球新報【6月4日~5日】河北新報、福井新聞、四国新聞、愛媛新聞、高知新聞、佐賀新聞、京都新聞【6月12日】信濃毎日新聞、南日本新聞 【6月19日】山陽新聞)

「批判に萎縮するより、何もしないで死んでゆくことへの恥ずかしさかある」(著者インタビュー、2016年6月19日、日経新聞)

読者の声

ゴッチさんから、手書きのコメントも!「今週のおはがき 2016年5月28日号 『何度でもオールライトと歌え』篇」

目次

プロローグ 君は拳銃を撃ったことがあるか
1 ぽつねんと、阿呆がひとり
2 自分が暮らす町くらい自分で決めたい
3 爺さん婆さんと暮らす
4 変わらなければならないのは、俺だ
5 この野郎!
6 俺、デモに行くの怖いよ
7 何度でもオールライトと歌え
8 ド阿呆でいいんだと思う
エピローグ 自由について

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •