愛と欲望の雑談

雨宮まみ、岸政彦

価 格
1,000円(+税)
刷り
2刷
判型
四六判並製(角丸)
頁数
96ページ
装丁
寄藤文平+鈴木千佳子(文平銀座)
発刊
2016年08月25日
ISBN
978-4-903908-80-9
愛と欲望の雑談
  • 取扱い店舗

内容

女性性とうまく向き合えない自身を描いた『女子をこじらせて』で、世の女性の心を鷲掴みにしたライター・雨宮まみさん。日常に転がる「分析できないもの」を集めた『断片的なものの社会学』で、社会学の新たな扉を開いた岸政彦さん。活躍する分野も性格もまったく違うお二人による「雑談」、もう、止まりません!

私たちはときには譲り合うことなく対立しながらも(例・浮気の是非)、他者を信頼したい、他者とともに在りたいという思いについては、共有していたと思う。――「あとがき」より

著者情報

雨宮まみ、岸政彦
(あまみや・まみ)(きし・まさひこ)

雨宮まみ
ライター。エッセイを中心に書評などカルチャー系の分野でも執筆。著書に『女子をこじらせて』(幻冬舎文庫)、『まじめに生きるって損ですか?』(ポット出版)など。

岸政彦
1967年生まれ。社会学者。龍谷大学社会学部教授。研究テーマは沖縄、被差別部落、生活史。著書に『街の人生』(勁草書房)、『断片的なものの社会学』(朝日出版社)など。

同著者の関連本