自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

「消費」をやめる

「消費」をやめる銭湯経済のすすめ

平川克美(著)

1600円+税

刷り:2刷
判型:四六判並製
頁数:248ページ
装丁:鈴木成一デザイン室
発刊:2014年6月20日
ISBN:978-4-903908-53-3 C0033

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

「経済成長なき時代」のお金の生かし方—— 「消費第一世代」として、株主資本主義のど真ん中を生きてきた著者がたどりついたのは、半径3km圏内の暮らしだった……。

【銭湯経済】 空虚感を埋め合わせるための消費欲に支配されることなく、 職住が隣接した町のなかで、見知った顔の人たちが働き、暮らし、銭湯につかる。 その落ち着いたリズミカルな暮らしが営まれる、半径3km圏内でめぐる経済。

消費者であることは、半ばは自分で選び取っていますが、半ばは企業や市場にコントロールされています。 その状態から、決意して逃避しなければならないと、わたしは思うのです。いや、決意なんて大げさなものではなくてもいいんです。アイデアをちょっと変えてみる。 では、どうするか——。それをこの本をとおして考えていきたいと思います。
——本文より——

シリーズ22世紀を生きる第三弾!!

著者情報

平川克美(ひらかわ・かつみ)

1950年東京生まれ。1975年、早稲田大学理工学部機械工学科卒業。渋谷道玄坂に翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを内田樹らと共に設立、代表取締役となる。現在、株式会社リナックスカフェ代表取締役。立教大学特任教授。著書に『小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』(ミシマ社)、『ビジネスに「戦略」なんていらない』(洋泉社新書y)、『株式会社という病』(文春文庫)、『経済成長という病』(講談社現代新書)、『移行期的 混乱—経済成長神話の終わり』(筑摩書房)、『俺に似たひと』(医学書院)などがある。

ミシマガ情報

ミシマガジン特集「「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ」にて、内容の一部を公開しています。『いま、地方で生きるということ』の著者 西村佳哲さんとの対談も掲載!

目次

はじめに
第一章 消費者第一世代として
第二章 戦後は消費化の歴史だった
第三章 消費ビジネスのなかで
第四章 あれは戦争だった
第五章 それでもアメリカに憧れる日本
第六章 詐欺化するビジネス—ウォルマートからプライベートブランドへ
第七章 消費者マインドを超えて
結語に代えて.滅びゆくものに積極的な意味を与えるということ

海外翻訳

  • 「消費」をやめる韓国版

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •