自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

創発的破壊

創発的破壊未来をつくるイノベーション

米倉誠一郎(著)

1700円+税

刷り:5刷
判型:46判並製
頁数:292ページ
装丁:寄藤文平・北谷彩夏(文平銀座)
発刊:2011年6月9日
ISBN:978-4-903908-27-4 C0033

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

多額の負債、長引く不況、そして東日本大震災という試練に直面している日本。

だが、国内、海外問わず、すでに「未来」は起きている! 歴史を見ても、西山弥太郎、大隈重信はじめ、困難を乗り切り、大変革を起こした先例がある!

本書では、そうした事例を多面的に考察し、日本のパラダイム・チェンジの方向性を導き出す。

「静かなるジャスミン革命」は、強力なリーダーや既存の組織によってではなく、一人ひとりの小さな動きによって「創発的に」起こる――。

未来への希望が詰まった、著者渾身の一冊。

著者情報

米倉誠一郎(よねくら・せいいちろう)

1953 年東京生まれ。一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学Ph.D.(歴史学)。97 年より一橋大学イノベーション研究センター教授。
企業経営の歴史的発展プロセス、特にイノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセスを専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長、六本木ヒルズにおける日本元気塾塾長も務める。
著書に『経営革命の構造』(岩波新書)、『勇気の出る経営学』(ちくま新書)、『経営史』(共著、有斐閣)、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』(PHP新書)、『脱カリスマ時代のリーダー論』(NTT出版)など多数ある。

パブリシティ情報

アカデミーヒルズのホームページでご紹介いただきました。

目次

序 大震災以降の社会を構築する
第一章 新しい資本主義を創る
第二章 すでに起きている未来――日本のイノベーターたち
第三章 ソーシャル・イノベーションという方法
第四章 高校生のための社会スタディ
第五章 世界から日本が消える?
第六章 世界から学ぶ
第七章 歴史に学ぶ――大隈重信の革新性
最終章 日本のパラダイム・チェンジ

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •