自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

女たちが、なにか、おかしい

女たちが、なにか、おかしいおせっかい宣言

三砂ちづる(著)

1,600円+税

判型:四六判並製
頁数:216ページ
装丁:寄藤文平(文平銀座)
発刊:2016年11月26日
ISBN:978-4-903908-87-8 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

恋愛しない男女、不機嫌な夫婦、見失われる人間の本能...に活を入れ、若者の可能性、受け継ぎたい知恵、外国で見つけた希望の芽...を言祝ぐ。

ミサゴ先生の、耳にイタく、心にあたたかい話。

こんなタイトルにしてよかったのだろうか。女がおかしいって、いちばんおかしいのはおまえだろう、と言われるむきもあろうし、本人もおかしい、という自覚もある。お許しを乞う次第だが、でも今の女たちはやっぱり、自分を含めてなにかおかしい。この本をお読みくださったあなたは、同意くださるのではないか、と思っている。 ――あとがきより

著者情報

三砂ちづる(みさご・ちづる)

津田塾大学国際関係学科教授、作家。1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。京都薬科大学卒業。ロンドン大学Ph.D.(疫学)。著書に『 オニババ化する女たち』(光文社新書)、『月の小屋』(毎日新聞出版)、『女が女になること』(藤原書店)、共著に吉本ばなな氏との『女子の遺伝子』(亜紀書房)、渡辺京二氏との『女子学生、渡辺京二に会いにいく』(亜紀書房・文春文庫)、訳書にパウロ・フレイレ『新訳 被抑圧者の教育学』、編著に『赤ちゃんにおむつはいらない』(勁草書房)などがある。

ミシマガ情報

ミシマガジンで「おせっかい宣言」連載中!

「体」についてさまざまな角度から語る、ミシマガ史上もっともラディカルな対談が実現!
不安をかかえる女性たちへ 三砂ちづる×安田登」(全3回)

パブリシティ情報

「どこから読んでも挑発ぎみで面白いエッセイだ。」(橋本克彦氏、2017年1月15日、東京新聞書評欄)


<「人間が産んで増えて死ぬ」ことの基本が担保されているからこそ、(生き方、セクシュアリティーの)多様性も認められる>との指摘は重要だ。(2017年1月22日、産経新聞書評)


「女性たち一人一人が、もっと愛にあふれた存在になるためにはどうしたらいいか、日々考えています。
女性が愛する力を取り戻したら、世の中は変わると思いますよ」
(2017年2月10日発売、クロワッサン2/25特大号 著者インタビュー)


「生き物として生きている今日って、すごく特別。
死ぬことが冷たくなって固まることだとしたら、生きているのは温かくてやわらかいこと。
その生きている身体を使って、人と仲よくするのがいいことですよって言いたいんです」

「上の世代は、肯定的なおせっかいをする義務があると思います。
呪いの言葉じゃなく、愛と祈りの言葉を積極的に口にしてほしいですね」
(『週刊女性』2017年2月14日号 著者に直撃!BOOK 著者インタビュー)


まるで自分のおばあちゃんやおばさん、恩師から聞く話のようにどこか近くてあたたかい。
時折はっとさせられるやさしい言葉たちが、忘れていた違和感を思い出させ、
知らぬ間に崩れてしまったバランスを整えるきっかけを見つけることができるかもしれない。
(ブッククラブ回NewsLetter vol.105 2017 spring 書評)

読者の声

「今週のおはがき 2017年2月4日号 『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』篇」

目次

第1章 女たちよ
第2章 本能
第3章 人間の暮らし
第4章 あなたの望んだ世界
第5章 愛することと祈ること

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •