自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

飲み食い世界一の大阪

飲み食い世界一の大阪~そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの~

江 弘毅(著)

1600円+税

刷り:2刷
判型:46判並製
頁数:272ページ
装丁:矢萩多聞
発刊:2012年12月15日
ISBN:978-4-903908-40-3 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

「『人より損をしたくない』などと考えていては、結局ロクでもないもんしか口にできない」 「街場」の男・江弘毅の至言が、現代日本を駆け抜ける!

「たとえハンサムであろうと、稼ぎが良かろうと、いい店を知らない男には娘を嫁に出してはいけない」 「街の景色が変わるごとにお好み焼きが変わる」「街を舐めるな」……。

「世界一うまいものがうまいように食える街」大阪、そことはちょっと違う京都と神戸。 三都の「街的」を語り放った、極上の21篇。

街が街であるために、現代日本へ贈る劇薬エッセイ!!

著者情報

江 弘毅(こう・ひろき)

1958年、大阪・岸和田生まれの岸和田育ち。81年神戸大学農学部園芸農学科卒。 『ミーツ・リージョナル』(京阪神エルマガジン社)の創刊に携わり12年間編集長を務める。 現在、編集集団「140B」取締役編集責任者。2011年4月から2012年3月まで『大阪人』編集を担当。著書に『「街的」ということ』(講談社現代新書)、『岸和田だんじり祭 だんじり若頭日記』(晶文社)、『ミーツへの道』(本の雑誌社)、『街場の大阪論』(新潮文庫)、『「うまいもん屋」からの大阪論』(NHK出版新書)など。

ミシマガ情報

みんなのミシマガジンにて「タイトル、まだ決まってません。」連載中!

江弘毅の言いっぱなし三都巡業 第1回「大阪の店、どこが違う!?」×仲野徹さん編

江弘毅の言いっぱなし三都巡業 第2回「東京・大阪 街場語り〜街の小商いとうまいもの屋」×平川克美さん編

江弘毅の言いっぱなし三都巡業 第3回「飲み食い世界一の大阪? いや、京都やろ?(おまえが店知らんだけちゃうか)」×バッキー井上さん編

目次

  • 第1章 これがこっちのやり方です。
  • 値段が書いてない店
  • バーをよろしく。
  • ちくわぶはおまへん。
  • 昼にやってる居酒屋。
  • スナックはお好きですか
  • めし屋実況中継
  • 京都でハモ?
  • それがどないしてん。
  • 第2章 世界一のうまいもん
  • 鰻屋はタイピン・カフスで 鮨屋の育ち。
  • コリアンタウン・生野の焼肉。
  • 所謂「コナもん」、それも「たこ焼き」について。
  • 味方の餃子
  • 神戸の餃子
  • うどんにまみれる(@町田康)
  • 第3章 大阪 ~そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの~ 街デビュー。
  • ちょっと京都、行こう。
  • アジールとしてのお好み焼き屋
  • 大阪的フランス料理について
  • 神戸の昭和
  • 何かといろいろミナミの難波
  • [チョコクロの]上海と[上海食亭の]大阪
  • 対談 中沢新一×江 弘毅 

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •