自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

言葉はこうして生き残った

言葉はこうして生き残った

河野通和(著)

2,400円+税

判型:四六判並製
頁数:360ページ
装丁:寄藤文平+窪田実梨(文平銀座)
発刊:2017年1月28日
ISBN:978-4-903908-89-2 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

いつの時代も、光は言葉にある。

膨大な書籍群の中に飛び込み、6年半かけて発見しつづけた、次代へつなげたい知と魂!

中央公論社で約30年、その後、新潮社で6年あまり。
出版文化の本流のなかで、編集者として、錚々たる著者陣、先輩編集者、
デザイナー、文化人たちとの仕事と交流を重ねてきた著者が紐解く、「言葉」の近現代。
明治草創期に起こった出版という大河が、ここに!

300超のメルマガから厳選した、必読の37本を待望の書籍化。

著者情報

河野通和(こうの・みちかず)

1953年、岡山市生まれ。東京大学文学部卒。
1978年、中央公論社(現・中央公論新社)入社。
主として雑誌編集畑を歩み、雑誌「婦人公論」(1997-2000年)、「中央公論」(2001-2004年)の編集長を歴任。
2008年6月、取締役雑誌編集局長兼広告総括部長を最後に、中央公論新社を退社。
2009年1月、日本ビジネスプレス特別編集顧問に就任。
2010年6月、新潮社に入社し、雑誌「考える人」編集長を務める。

ミシマガ情報

ミシマガジン2017年3月の「今月の特集1」で、発刊イベントで語られた製作裏話が掲載されています。
『言葉はこうして生き残った』制作裏話(@東京堂書店)
『言葉はこうして生き残った』製作裏話(@EDIT TOKYO)
『言葉はこうして生き残った』制作裏話(@東京堂書店)

パブリシティ情報

「熟慮の末に生まれた言葉、苦悩の中から出てきた言葉…。さまざまな背景から言葉は生まれています。本書によって、そんな言葉のあることにも気付いてもらいたい。」(2017年2月26日、産経新聞著者インタビュー)

「本の生命と役割は変わりません。言葉は人生ですから、次世代へバトンをつなげる希望もこめました」(2017年3月12日、東京新聞著者インタビュー)

目次

第1章 言葉はこうして生き残った
第2章 あらためて、書物とは何か
第3章 出版草創期の人びと
第4章 作家の死、一時代の終わり
第5章 先達の「生」を生きる
第6章 言葉の受難を乗り越えて
第7章 生命はこうしてつづきゆく

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •