自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

超訳 古事記

超訳 古事記

鎌田東二(著)

1600円+税

刷り:6刷
頁数:199ページ
装丁:寄藤文平
発刊:2009年10月22日
ISBN:978-4-903908-15-1 C0014

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

日本誕生の神話は、こんなに面白かったのか! 生老、病死、愛憎、諍い、霊・・・ 全ての物語の要素が宿る『古事記』。本邦最古の書が、1300年の時を超え、「今の言葉」になって蘇る!

宗教学者であり、フリーランス神主、神道ソングライターでもある著者が、魂をこめて日本中の人たちに贈る、感動の超訳。

~ミシマ社創業3周年記念企画~ 

著者情報

鎌田東二(かまた・とうじ)

1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學文学部哲学科卒業。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。京都造形芸術大学客員教授。石笛・横笛・法螺貝奏者。フリーランス神主。神道ソングライター。

著書に『神道とは何か』(PHP新書)、『聖地感覚』(角川学芸出版)、『神と仏の出逢う国』(角川選書)など多数。

ミシマガ情報

ミシマガジンで著者が話すエピソードを掲載中!
» 本のこぼれ話

パブリシティ情報

「元が『語り』だけに、リズムがあって読みやすい。まったくの初心者でも十分に楽しめる。これだけのものを語ってしまうことができる著者に脱帽。」
(「日本経済新聞」09年12月20日)


「力強くみずみずしい日本語は音読にも最適だろう。『古事記』入門の新たなる決定版。」
(「週刊文春」09年11月19日号)

本書について

本書の読み方
○注釈がないため、どんどん読み進めることができます。

○古代の自由な世界を、感じるままに味わってください。読めばパワーが沸いてきます!

○朗読もおススメです。

本書のポイント
○1300年前、稗田阿礼が語り、太安万侶が聞き書きした、同じ方法で作られました。


○著者は10歳のとき、『古事記』を読んで救われました。その恩返しの気持ちがこめられています。

○巻末に、「神々の系図」と簡単な「神名解説」「解説」があります。

目次

SCENE:1 世界の誕生
SCENE:2 天の国
SCENE:3 地の国
SCENE:4 国譲り

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •