自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

インタビュー

インタビュー

木村俊介(著)

2,200円+税

判型:四六判並製
頁数:336ページ
装丁:寄藤文平(文平銀座)
発刊:2017年5月20日
ISBN:978-4-903908-96-0 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

えんえんと、えんえんと、えんえんと、
訊(き)く。纏(まと)める。

下準備、節度などの基本から依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。
その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

インタビューとはなにか。
インタビューになにができるか。
インタビューをし続けていると、人は「誰」になるのか?

インタビューとはなにか。この問いを出発点に、著者は途方もない旅に出る。
「道具」としての便利さ、使い方を懇切丁寧に伝えたあと、新たな問いを自らに課す。
−−その道具を使い続けると、世界や社会がどのように見えてくるのか。「帰ってこられない」危険を感じつつ、「捏造や支配」が横行する現代において、インタビューだけが果たせる役割を見出していく。
「植物的」とも言えるスタイルで綴られた異作ノンフィクション、ここに誕生。


20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、
はじめてのインタビュー論。

著者情報

木村俊介(きむら・しゅんすけ)

インタビュアー。1977年、東京都生まれ。著書に『善き書店員』(ミシマ社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)、『仕事の話』(文藝春秋)、『漫画編集者』(フィルムアート社)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、『「調べる」論』(NHK出版新書)、『仕事の小さな幸福』(日本経済新聞出版社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。

ミシマガ情報

ミシマガジンで、木村さんの「インタビュー」の裏側が語られています!

2017年6月27日、青山ブックセンターさんで、山田ズーニーさんとの対談イベントが行なわれました!
山田ズーニー・木村俊介トークイベント


パブリシティ情報

章替わりさえもどかしいように、著者は自らが20数年間で獲得してきたインタビューの極意を、すみずみまでみっちりと、読者に手渡そうとしている。(2017年6月19日、47news新刊レビュー 小川志津子氏


同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •