原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 【9/25(金)】森田真生・瀬戸昌宣 オンライン配信「学びの未来・座談会 第5弾」開催のお知らせ

【9/25(金)】森田真生・瀬戸昌宣 オンライン配信「学びの未来・座談会 第5弾」開催のお知らせ

2020.09.01更新

manabi5-4.png
 
森田真生さんと瀬戸昌宣さんとともに思考し、実践する「学びの未来 座談会」。9月25日(金)に第5弾の開催が決まりました!
 
今回のテーマは「学びの未来ジャングル」をつくるです。前回のお話にもあったように、「学びの未来座談会」これまで4回の開催を経て、「学校をつくる」ではなく「ジャングルをつくる」というゴールが浮かび上がってきました。さっそく京都で小さなジャングルを作る森田さんのプロジェクトも動き出しています。今回はその様子の報告も含め、ジャングルのような豊かな学びの生態系をどうつくるかについて、森田さんと瀬戸さんにお話しいただきます!
 
 

オンラインライブイベント配信日時

9月25日(金)18:00〜21:00(途中休憩含む)
 
※当日17:30ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。

※場合により延長する可能性もございます。
※オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。
 
 

オンラインライブ配信チケットのご購入(定員100名)

下記をクリックして、チケットをご購入ください。
 
 
※ミシマ社サポーターのご案内、お申し込みはこちらから。
 
 
※「学びの未来 コアメンバーシップ」参加者は、座談会に参加できるほか、「学びの未来 ラジオ 9月」(月4回)にご参加いただけます。また「学びの未来座談会」のライブ配信後1週間、座談会のアーカイブを視聴できます。
※ラジオは毎回、配信日から1週間視聴可能です。
 
※9月配信の「学びの未来 ラジオ」(月4回・配信日から1週間視聴可能)にご参加いただけます。(「学びの未来座談会」にはご参加いただけません。
 
 
 

おすすめ書籍

この座談会に合わせて読んでおきたい2冊です。(販売協力:誠光社)
0509-1.jpg
 
 
『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.3「教育×地元」号』(特集「先生・生徒の枠組みがなくなる」にて森田さんと瀬戸さんの対談を収録!)
 →こちらからお買いもとめください。
 
『数学の贈り物』(森田真生さんによる初の随筆集)
 →こちらからお買いもとめください。
 

出演者プロフィール

森田真生(もりた・まさお)
 
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」「数学ブックトーク」など、数学をテーマにしたライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。2016年に『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)、編著として数学者・岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)、2018年10月に絵本『アリになった数学者』(絵・脇阪克二/福音館書店)、2019年3月に初の随筆集『数学の贈り物』(ミシマ社)を刊行。2019年11月より、WEBマガジン「みんなのミシマガジン」にて、新連載「聴(ゆる)し合う神々」がスタート。
 
公式ウェブサイト→ Choreograph Life
 
morita-thum.jpg
 
瀬戸昌宣(せと・まさのり)
 
1980年東京生まれ。農学博士(農業昆虫学)。米国コーネル大学にて博士号を取得後、同大学で博士研究員として研究と教育に従事。通算13年の米国生活を経て、2016年から土佐町役場に勤務し地域の教育に参加。2017年にNPO法人SOMAを設立し、4000人の町で全世代への教育を展開。林業を教育素材として総合的な学習に取り組める杣の学び舎の設立や、町内外誰でもが分け隔てなく「居る」ことができるprivate public space (私的公共空間)「あこ」など、環境を整える事業を展開する。高知県の起業支援事業 Kochi Startup Parkのコーディネーターとしてアントレプレナーシップ教育にも取り組む。
 
 
 
seto.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •