原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 【6/26(金)】森田真生・瀬戸昌宣 オンライン配信「学びの未来・座談会 第2弾」開催のお知らせ

【6/26(金)】森田真生・瀬戸昌宣 オンライン配信「学びの未来・座談会 第2弾」開催のお知らせ

2020.06.12更新

学びの未来座談会アイコン(田渕)-4.jpg
 
5/19(火)にオンライン開催した、森田真生さんと瀬戸昌宣さんによる「学びの未来座談会」では、参加者のみなさまとともに、希望と熱気に溢れた時間をわかちあうことができました。イベント終了後のアンケートにも、ご参加くださった方々から、
 
「一分一秒を無駄にしたくない、一言一句がどこを取っても聞き逃せない、どこを切り取っても未来しかないような座談会は初めてでした。」
「あっという間で、人生のブレークスルーを起こすには充分と思えるくらい、素晴らしく魂が震える5時間でした。」
 
と熱のこもったメッセージが続々と届きました。本当にありがとうございます。
 
そして、おふたりがまいた種を継続的な学びの場に育てるために、この「学びの未来座談会」を今月も開催いたします。
 
「今日もいい日だった」という感触をもって、1日を終える。
自然とそう感じられる人が増えていく「素敵な場所」が全国各地にできることを願って。
 
また、今回のテーマは、「休校中、僕たちは何を学んだのか?」です。全国の学校が休校になるという、初めての事態を生きる私たちが、学びのあり方について何を感じ、どんな希望を見出しているのかを共同で記録し、未来につなげるための場にできたらと思っております。
 
下記、前回の開催を受け、第2回の座談会へ向けてお二人よりメッセージをいただいておりますので、掲載させていただきます。
 
◉ 森田さんより
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国で前例のない長期的な休校が続きました。
休校が明け、学校が再開していくなかで、僕たちは休校中にいったいなにを考え、感じ、悩み、喜び、学んだのか……。あらためて振り返り、記録し、言葉にしていく必要があると思います。世界中でこれほど多くの子どもたちが「学校に行かない」という経験を同時に共有したのは、いったいいつぶりのことでしょうか。この極めて稀な出来事を、日常からの一時的な逸脱として忘却してはいけないと思います。いまこそ、「学校に行かない」日々に見えてきた風景を持ち寄り、分かち合い、「学校」が私たちの学びに暗黙のうちに課してきた制約の外へ、想像力を解き放っていきましょう。
 
今回の座談会は、それぞれの立場、それぞれの現場で、僕たちは「休校中、何を学んだのか?」を持ち寄り、報告し合い、言葉にして記録し、記憶していきながら、「学びの未来」を構想していく時間にしたいと考えています。
 
冒頭で僕と瀬戸さんが、休校中に試みたこと、実践したこと、経験したこと、考えたこと、悩んだこと、気づいたこと、をお話します。また、僕たち自身の報告だけでなく、前回の座談会に参加してくださったメンバーにも何名かインタビューをし、これを現場からの声として紹介します。それぞれの現場での気づきを持ち寄り、そこから新たな学びの可能性をともに模索していきましょう。
 
当日のご縁を、心から楽しみにしています!!
 
◉ 瀬戸さんより
わたしたちは環境から独立して存在することはできません。この環境というのは、わたし以外の全てのものです。わたし以外のひと、わたし以外の生き物、わたし以外の非生物・無生物。それらの存在のあり方から常に影響をうけて、意識的・無意識的な判断を繰り返して、わたしたちは日々を過ごしています。
 
新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的いや全世界的に一斉に休校になり、社会が「学校」という判断軸を一時的とはいえ無くしました。その中で,自ら定義したことがないあまたの概念に、自己の判断をゆだねてきたことに気付いてしまいました。
 
気付いてしまったまえとあとに見える世界は、否応なしに違うものです。その違いを皆さんと持ちより、わたしたちの見方がどのように変わったのか、そしてこれからどのような世界を見たいのかを強烈に鮮やかに描いていく時間が必要に思います。なぜなら、二度とは戻らないそういう世界で、ほとんどのものが「元に戻ろう」としているからです。どうしようもなく湧き上がってくる「変化した環境に抗う現状維持」も意志です。しかし、事実をありのままに見ないと必ずほころびます。同じように繰り返される「ほころび」を世界にあらたに生むのではなく、「つくろい」を生み、みなさんと未来を描いていきたいと思います。そんな豊かな時間をご一緒させてください!
 
 

オンラインライブイベント配信日時

6月26日(金)18:00〜21:00(休憩15分×2含む)
 
※当日17:15ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。
※場合により延長する可能性もございます。
※オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。
※オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。
 

オンラインライブ配信チケットのご購入(定員100名)

下記をクリックして、チケットをご購入ください。
 
 
 
※ チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のあるURLより、zoomの「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。
 
 

おすすめ書籍

この座談会に合わせて読んでおきたい2冊です。本イベントに合わせて、送料無料でお届けします。(販売協力:誠光社)
0509-1.jpg
 
 
『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.3「教育×地元」号』(特集「先生・生徒の枠組みがなくなる」にて森田さんと瀬戸さんの対談を収録!)
 →こちらからお買いもとめください。(送料無料)
 
『数学の贈り物』(森田真生さんによる初の随筆集)
 →こちらからお買いもとめください。(送料無料)
 

出演者プロフィール

森田真生(もりた・まさお)
 
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」「数学ブックトーク」など、数学をテーマにしたライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。2016年に『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)、編著として数学者・岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)、2018年10月に絵本『アリになった数学者』(絵・脇阪克二/福音館書店)、2019年3月に初の随筆集『数学の贈り物』(ミシマ社)を刊行。2019年11月より、WEBマガジン「みんなのミシマガジン」にて、新連載「聴(ゆる)し合う神々」がスタート。
 
公式ウェブサイト→ Choreograph Life
 
morita-thum.jpg
 
瀬戸昌宣(せと・まさのり)
 
1980年東京生まれ。農学博士(農業昆虫学)。米国コーネル大学にて博士号を取得後、同大学で博士研究員として研究と教育に従事。通算13年の米国生活を経て、2016年から土佐町役場に勤務し地域の教育に参加。2017年にNPO法人SOMAを設立し、4000人の町で全世代への教育を展開。林業を教育素材として総合的な学習に取り組める杣の学び舎の設立や、町内外誰でもが分け隔てなく「居る」ことができるprivate public space (私的公共空間)「あこ」など、環境を整える事業を展開する。高知県の起業支援事業 Kochi Startup Parkのコーディネーターとしてアントレプレナーシップ教育にも取り組む。
 
 
 
seto.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •