原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 2019年10月22日(火)~12月1日(日)益田ミリ×ブックスキューブリック×BOOKUOKA「本としあわせしりとり展」in福岡 開催します!

2019年10月22日(火)~12月1日(日)益田ミリ×ブックスキューブリック×BOOKUOKA「本としあわせしりとり展」in福岡 開催します!

2019.10.09更新

bookoka.jpg

【場所】ブックスキューブリック 箱崎店 2Fギャラリー
【会期】2019年10月22日(火)-12月1日(日)
【営業時間】11時-17時
【定休日】 毎週月曜日(祝日の場合営業)
【アクセス】福岡市東区箱崎 1-5-14ベルニード箱崎 2F
(JR 箱崎駅西口より徒歩1分)
 

内容

 益田ミリさんエッセイ集『しあわせしりとり』の刊行を記念してはじまった企画展「本としあわせしりとり展」。東京、千葉に続いて、福岡への巡回が決まりました! 
 
 益田ミリさんの著作から言葉を抜き出した「セリフ・文章しりとり」や、書店員さんによる「本しりとり」、そして『しあわせしりとり』の原画など、「しりとり」をテーマとした楽しい展示です。
 
 福岡限定のスペシャル企画として、益田ミリさんによるBOOKUOKA 2019 オリジナル文庫カバーのカラー原画・鉛筆ラフスケッチを展示!
 また、『しあわせしりとり』とキューブリックパン工房『BKベーカリー』がコラボしたパンも限定販売。表紙などに描かれているかめのイラストをモチーフにした「かめよくかめパン」や、『しあわせしりとり』収録のエッセイ「トウモロコシの記憶」とをイメージした「トウモロコシの記憶パン」、DMに描かれているイチゴのイラストをモチーフにしたイチゴクッキーなどを予定しております。
 
 さらに会場特典として、対象商品お買い上げの方には、トートバッグ、メモ帖(手描きイラスト入り)、ポストカードなどの特典もご用意。ご来場のみなさま参加による、九州各県のご当地しりとりコーナーもございます。
 
 しりとりのようにしあわせがつながっていく楽しい展示。ぜひお立ち寄りください。
 
【補足】
*「BOOKUOKA2019」は10月18日~11月18日にわたって福岡で行われる“本のお祭り”です。益田ミリさんが今年のイベント特典文庫カバーの装画を担当されました。詳細はこちら 
 

作品紹介

shiritori_shoei.jpg

しあわせしりとり』益田ミリ(著)
定価:1,500円+税
装丁:大島依提亜

しあわせは、つながっていく!
子供の頃の思い出、見ることのない未来、こぼれ落ちる日々…
あんなこと、こんなことが、しりとりのように連鎖する

朝日新聞連載「オトナになった女子たちへ」に加筆・修正したエッセイと
3本の書き下ろしを再編成した、とっておきのエッセイ集。

本書より
友人らとしりとりをしながら歩いた。
しあわせなものしか言ってはいけない、名づけて「しあわせしりとり」である。
いろいろ出てきた。
「すいか」
と言った人もいた。(略)
その後、めりーごーらんど、どなるどだっく、くりすます、としあわせしりとりはつづき、この先の公園の桜がきれいだから寄っていこうよと、さらに歩いた。
いやな予感がした。――「しりとり散歩」より

 

◆作家紹介
益田ミリ(ますだ・みり)
1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主な著書に、『しあわせしりとり』『今日の人生』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』(以上、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)、『沢村さん家』シリーズ(文藝春秋)、『僕の姉ちゃん』シリーズ(マガジンハウス)、『マリコ、うまくいくよ』(新潮社)、『こはる日記』(KADOKAWA)、『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)など。絵本に、『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)などがある。

 


 

◆主催:
ブックスキューブリック、ミシマ社(共催)

◆お問い合わせ:
ミシマ社 自由が丘オフィス/TEL. 03-3724-5616

 

 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •