原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

【10/29(木)開催】「寄藤文平の絵解き質問室」第2回 開催のお知らせ

2020.10.09更新

1029絵解き質問室バナー2.jpg

 数多くの書籍や広告のデザインを手がけ、ご自身でイラストも描かれるデザイナーの寄藤文平さん。この講座では、「なにかを表現したい、伝えたい」と思っている受講者のみなさまの表現にかかわる質問に、寄藤さんがその場で絵を描きながら答えてくださいます。

 前回は書体の話から始まり、スランプとのつき合い方、ルールとデザイン、レトリック、寄藤さんが最近読んでいる本、「編集する」とは・・・など絵やデザインのジャンルにとどまらない、様々なお話が飛び出しました。参加者の皆さまの予測不能な質問に、寄藤さんが思わず冷や汗をかいてしまう場面も(!)。

 今回も皆さまの質問を中心に、聞き手を務めるミシマ社仕掛け屋・ハセガワのお悩み相談コーナー、さらには前回ご参加いただいた方から終了後にリクエストの多かった、寄藤さんの「ノートの取り方」についてもお話いただきます。

 表現にかかわる仕事をされている方はもちろん、それに関係なく、「伝え方」について訊きたいことがある方、寄藤さんのお仕事について知りたい方、質問は思いつかないけれどお話を聞いてみたいという方、どなたでもお気軽にご参加ください。

オンライン配信開催日時

10月29日(木)19:00〜20:30(休憩含む)
ご購入はこちらからどうぞ

※当日18:15時ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。
※イベントの参加方法の詳細はこちら。https://mishimasha.com/mishinews/sugakunookurimono/001798.html
※ご参加いただいた方には、後日、期間限定で、イベントの動画も視聴いただけます。

チケットのご購入

●チケット代:2500円+税
ご購入はこちらからどうぞ

※チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載がございますURLより「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。

事前の質問も受けつけております。チケットご購入時に備考欄にご記入ください。
***前回いただいた質問の例***
・アイデアを得るために心がけていることは?
・感覚を絵や言葉で表現するときの思考法やフローについて
・夢の中で見たことや頭の中にあるイメージを絵にするとき、具体性を持たせるには?
・「ふくしままっぷ」の絵はどうやって描いているの?
・専門用語や難しい言葉を絵で説明するとき、どんなことに気をつければいいですか?
・いいプレゼン資料とは?
・こだわりたいのに時間がない問題

 

出演者プロフィール

寄藤文平さん (1).jpg

寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)

グラフィックデザイナー。1973年生まれ。1998年ヨリフジデザイン事務所、2000年有限会社文平銀座設立。広告やプロジェクトのアートディレクションとブックデザインを中心に活動。著書に『死にカタログ』『元素生活』『ラクガキ・マスター』『絵と言葉の一研究』『デザインの仕事』、共著に『ウンココロ』など多数。

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •