原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

オンライン講座「寄藤文平のくもり、ときどき絵解き講座」開催のお知らせ

2020.05.28更新

bunpei4.png

6/4(木)と6/18(木)に、グラフィックデザイナーの寄藤文平さんによる、オンライン講座を開催します!!

ミシマ社ロゴ.jpg

寄藤文平さんは、ミシマ社のロゴマークの生みの親であり、ミシマ社の書籍の装丁もたくさん手がけていただいています(最近だけでも、『坊さん、ぼーっとする。』『バンド』『イスラムが効く!』『胎児のはなし』などなど! 5月から本格オープンした「一冊!取引所」のロゴも寄藤さんに作っていただいたものです)。

書籍だけでなく、JTの広告「大人たばこ養成講座」シリーズ、東京メトロの企業広告やマナーポスター「家でやろう。」シリーズなどで、寄藤さんのイラストを目にしたことがある方も多いと思います。

そんな寄藤さんが、なんとこのたび、MSLive!に登場してくださることに!!!

1回目の「どきどき論理編」と2回目の「ときめき描写編」で、特徴をとらえたイラストがいかにして生まれるのか、絵に自信がない方にもわかりやすく解説してくださいます。

奮ってご参加ください!

※こちらの講座はオンライン配信イベントとなります。

※本講座は進行の際、参加者の方のお顔が見えることはございませんので、ご安心くださいませ。

※オンライン配信イベントの参加方法の詳細はこちら

オンライン配信開催日時

① どきどき論理編 6月4日(木)19:00〜20:30(休憩10分含む)
こちらから、イベントの録画動画をご購入いただけます)

② ときめき描写編 6月18日(木)19:00〜20:30(休憩10分含む)
(後日、録画動画を販売する予定です。販売開始しだい、こちらでお知らせいたします)

※オンライン配信にお申込みいただいた方には、後日改めて録画した講義映像をお送りいたします
※片方のみの参加も可能です。
※両方に参加ご希望の方で、ご都合で片方の回へのリアルタイムでの参加が難しい方は、後日に、その分を録画動画にて受講いただくこともできます。ご希望の方は備考欄にてお知らせください。

オンライン講座チケットのご購入

● 「寄藤文平のくもり、ときどき絵解き講座」オンラインチケット(全2回分 4,000円+税)

● 「寄藤文平のくもり、ときどき絵解き講座①どきどき論理編」録画動画販売(2,000円+税)

● 「寄藤文平のくもり、ときどき絵解き講座②ときめき描写編」オンラインチケット(2,000円+税)

※ チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のあるURLより、「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。
※ オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※ やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。

出演者プロフィール

寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)

グラフィックデザイナー。1973年生まれ。1998年ヨリフジデザイン事務所、2000年有限会社文平銀座設立。広告やプロジェクトのアートディレクションとブックデザインを中心に活動。著書に『死にカタログ』『元素生活』『ラクガキ・マスター』『絵と言葉の一研究』『デザインの仕事』、共著に『ウンココロ』など多数。

オンラインイベント開催にあたっての言葉

待っている人のもとへ確かな言葉をーー原点回帰の出版活動
 
新型コロナウイルス感染拡大の危険がつづく日々、いかがお過ごしでしょうか?
なかなか先が見えませんが、私たちの書籍や出版活動が少しでも皆さまの日常に彩りを添えるものであれば、これほど嬉しいことはありません。
そういう思いもあり、このたび、ミシマ社ライブ(通称 MSLive!)というオンライン・イベントを積極的に企画・開催していくことを決めました。
決め手は、オンラインで開催した二つのイベント「この日の学校」(4/19)、「パンデミックを生きる構え」(4/25)でした。
参加者の方々から、「開催してくれてありがとう!」といった溢れる思いが詰まった声を多数いただきました。
情報が錯綜するなか、こうした確かな声を欲していた、いう声もありました。
そうか、そういうことか!

私のなかで、その瞬間、「これぞ出版の原点回帰だ」と思えたのです。
待っている人のもとへ、確かな言葉を届ける。

思えば、ミシマ社の本はすべて、「生き物」のような生命力の高い本でありたい。そう願ってきたわけですが、両イベントの言葉は文字通り、その瞬間生成された生きた言葉でした。それを、空間的縛りを超えて「一人」のもとへお届けする。これぞ、出版活動の原点、出版メディアとして果たすべき仕事ではないか。大きな気づきとなって、そのように感じた次第です。
今後、私たちが時間をかけて関係を築いてきた確かな方々と、確かな言葉を、MSLive! でお届けしていければと考えております。

ミシマ社 三島邦弘

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •