原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

松村圭一郎さん・三島邦弘 オンライン配信「『これからのアナキズム』の話」開催のお知らせ

2020.05.12更新

0523bunner.jpg
 
「アベノマスク」は言うまでもなく、すでに政府としての機能を果たしていない日本政府。その状況はいつまで続くのか? ただひたすら国が崩壊しているのを傍観するしかないのか?
 
「はじめてのアナキズム」(『ちゃぶ台 Vol.5』所収)で国家のなかにいながら「アナキズム」は実践できると指摘した松村氏。今回、さらに踏み込んで、この状況を打破する「アナキズム」の可能性に初めて言及する。
 
その松村さんが、「さまざまな業界が陥る硬直状態を突破するには? 三島さんのマグマのような熱に感化され、揺さぶられ、深い思考の渦のなかに引きずり込まれるはず」と書評した三島さんの新著『パルプ・ノンフィクション』。(松村さんが書いた『パルプ・ノンフィクション』の書評はこちら)自他ともに認める「行動力」を武器に、このコロナ以降も新たな展開を次々と打ち出す実践者・三島さんと激しく対話しながら、「これからのアナキズム」に迫っていく。
必聴イベントとなること間違いなし!
 
※6/10(水)までの期間限定で、本イベントの録画動画を期間限定販売中です! 詳細・ご購入はこちら
 

オンラインライブイベント配信日時

5月23日(土)14:00〜16:00(途中休憩有り)
 
※当日13:00ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。
※こちらの講座はZoomのウェビナー機能を使って配信致します。
※Zoomイベントの参加方法の詳細はこちら。
※オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。
 

オンラインライブ配信チケットのご購入(定員60名)

下記をクリックして、チケットをご購入ください。
 
 
 
※ 書籍つきチケットをご購入の方は、発送の際に必要になりますため、ご購入の際の「備考欄」に「郵便番号・お届け先住所」を必ずご記入ください。
※ チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のあるURLより、zoomの「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。
 
 

おすすめ書籍(販売協力:スロウな本屋)

 
syoei.jpg
 
 
※ 5/12(火) - 5/23(土) 期間中、上記書籍を「スロウな本屋」のオンラインショップよりご注文の方に、松村圭一郎さん、代表・三島両名の手書きメッセージ付きでお送りします。こちらよりお買い求めください。
 
 
 

出演者プロフィール

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
 
1975年、熊本生まれ。岡山大学准教授。専門は文化人類学。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有や分配、貧困と開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『文化人類学 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)、『これからの大学』(春秋社)がある。最新刊は『はみだしの人類学』(NHK出版)。
 
matsumura.jpg
 
 
三島邦弘(みしま・くにひろ)
 
1975年、京都府生まれ。京都大学文学部卒業。出版社2社で単行本の編集を経験したのち、2006年10月に単身、株式会社ミシマ社を設立。「原点回帰の出版社」を標榜し、ジャンルを問わず一冊入魂の本を刊行している。現在は、東京・自由が丘と京都市の二拠点で活動。2015年にシリーズ「コーヒーと一冊」、雑誌「ちゃぶ台」を創刊、2019年には新レーベル「ちいさいミシマ社」を始動。本のつくりと届け方の両面から、次世代のあり方を模索しつづけている。著書に『計画と無計画のあいだ』(河出書房新社)、『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)がある。新著に『パルプ・ノンフィクション~出版社つぶれるかもしれない日記』(河出書房新社)。
 
pro.jpg
 
 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •