原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

【6月21日】MSマルシェ「業界最高値」第1回(出店:タルマーリー)開催のお知らせ

2020.06.08更新

msm1_3.jpg

6/21(日)に、MSマルシェ(オンラインマルシェ)を開催します。記念すべき第1回は、鳥取の智頭町でパンやクラフトビールを製造している、タルマーリーさんにご出店いただきます!

MSマルシェ「業界最高値」とは・・・?

インターネット環境の普及により、様々な商品の比較検討が容易になり、その結果「業界最安値」が最大の価値であるとされるようになりました。
「価格破壊」という言葉もまた、価値があるように喧伝されていますが、それはどこかで誰かにしわ寄せがいっている中で起きていることであって、それによって社会は貧しくなっているとも言えるのではないでしょうか。

本マルシェでは、「価格創造」をめざします。
あえて「業界最高値」で商品を提供する試みです。
もちろん、いたずらに価格をつりあげるわけではありません。
ものづくりのつくり手、小売、消費者の、誰かが損をすることなく、持続可能な小さな経済をつくる、その小さな試みになればと考えています。その記念すべきMSマルシェの第1回はタルマーリーさんが出店! ぜひ参加して、お買い物も楽しんでみてください。

タルマーリーさんのこと

pan.jpg

ご存じの方も多いと思いますが、タルマーリーは、渡邉格さんと麻里子さん夫妻が経営するパン屋さんで、今では鳥取県の智頭町にて、ビールづくりとカフェもされています。(タルマーリーさんのホームページはこちら
地域の天然菌と天然水と自然栽培原料を使ってつくられるパンとビールにはファンが多く、智頭町のカフェには海外からのお客さんも多くいらっしゃるそうです。

ロングセラーとなった渡邉格さんの著書『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』にも書かれているように、タルマーリーでは一貫して「適正な価格での提供」を徹底してこられています。そんなタルマーリーさんこそ、MSマルシェ「業界最高値」の記念すべき第1回ゲストにふさわしい!ということで、今回ご登場いただくこととなりました。以下に、今回のマルシェにあたって、タルマーリーさんからコメントをいただいております。

タルマーリーさんより

三島さんから「業界最高値」と聞いてすぐに、私はぜひヴィンテージビールを出したいと思いました。一般的にビールは「鮮度が命」と言われますが、私は「熟成が命」のビールを作っています。オーガニックの麦芽とホップ、野生酵母で醸造し、長い時間をかけて熟成させると、ビールは芳醇な味と香りを放ちます。「長い時間を経て作り、長い間使えるモノこそ、価値が高い」という認識が広まれば、地域の経済と環境が良くなっていくと思います。

MSマルシェ開催日時

6月21日(日)10:00〜11:00

定員:80名

※こちらのマルシェはオンライン配信となります。
※イベント時間は延長する可能性もございます。あらかじめご了承ください。
※本マルシェは進行の際、参加者の方のお顔が見えることはございませんので、ご安心くださいませ。
※オンライン配信イベントの参加方法の詳細はこちら

オンラインチケットのご購入

下記をクリックして、チケットをご購入ください。

● 「MSマルシェ「業界最高値」(出店:タルマーリー)」参加チケット(500円+税)

● 「MSマルシェ「業界最高値」(出店:タルマーリー)パン+ビール3本セット(5500円+税、送料別、参加チケット代サービス)

※イベント参加URLは6/20(土)21時頃にお送りします。
 それ以降のお申込みの方は配信当日の9時頃までにお送りします。
 万が一届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。
 
【当日午前9時まで】メール:shop@mishimasha.com
【当日午前9時以降】TEL:03-3724-5616(ミシマ社 自由が丘オフィス)
 

※商品の発送はタルマーリーより行います。配送に必要な個人情報をタルマーリーに開示しますが、それ以外に利用することはありません。

※商品は7月の毎月曜日に4回に分けて発送予定です。先着順の発送となりますのでご了承ください。

※今回、沖縄エリアへの発送は承っておりません。ご了承くださいませ。

※マルシェ開催中や開催後にパンとビールのセットを購入いただくこともできますが、売り切れの可能性がありますのでご了承ください。

※ チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のあるURLより、「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。

※ オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。

※ やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。

お届けする3種類のビール解説 ~渡邉格さんより~

タルマーリーオーナーで、ビール職人の渡邉 格(イタル)です。
さて今回お送りするビール3種類について、下記の通りご説明いたします。

IMG_0733.JPG

【Aged Saison セゾン】
タルマーリービールの中ではホップの苦みがきいたタイプで、ビール好きのためのビール。                           
◆アルコール度数 5.0%
◆原材料・・・有機麦芽(ドイツ製造)、野生酵母、有機ホップ、蜂蜜(山口県周防大島・瀬戸内タカノスファーム)、ホップ

★職人イタルからひと言!
今回のセゾンは超長期熟成タイプとして初めて蔵出しするビールです!
野生酵母で醸造しているタルマーリーのビールはすべて、一次発酵後に樽詰めしてから、数か月冷蔵庫で熟成させています。が、これはもっと長く熟成した方が良いと思い、1年半の熟成期間を取ってみました。
スコッチの様な品の良さとビールの気軽さがマッチした感じに仕上がりました。

【Radical Sour Ale(サワーエール)】
日本酒造りのように、天然の乳酸発酵による「生酛作り」をしてから本仕込に入った酸味のあるビール。10数年のパンづくりで培ってきた乳酸菌や酵母に関する知識や技術を、ビールづくりに応用。肉や魚、チーズなどに合わせるとすっきり料理を引き立てます。
◆アルコール度数 5.0%
◆原材料・・・有機麦芽(ドイツ製造)、野生酵母(ルヴァン酵母)、有機古代小麦(カナダ産)、有機ホップ、有機コリアンダーシード(エジプト産)

★職人イタルからひと言!
今回出荷するサワーエールは、なるべく酸味を出さないようにしたライトタイプです。真夏は酸味の強い方が体に馴染むように思いますが、初夏のやや涼しい時期にぴったりの、飲みやすいサワーエールを作ってみました。

【Session Ale セッションエール】
アルコール低めの軽いビール。あまり苦くならないようにホップを控え、飲みやすく食事に合わせやすい。              ◆アルコール度数 4.0%
◆原材料・・・有機大麦麦芽(ドイツ産)、野生酵母、有機ホップ、ホップ、蜂蜜(山口県周防大島・瀬戸内タカノスファーム

★職人イタルからひと言!
IPAなどホップのきいたビールが好きな方にとって、タルマーリーのビールは物足りない…と思われるかと思います。特にこのセッションエールは、できるだけ苦みやうま味を削り、“脇役”に徹したビールとして開発しました。なので、大体の料理に合います。お食事とともにゆっくりとお楽しみ下さい。

出演者プロフィール

タルマーリー
2008年、渡邉格&麻里子が夫婦共同経営で、千葉県いすみ市で開業。自家製酵母と国産小麦だけで発酵させるパンづくりを始める。2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の後、より良い水を求め岡山県に移転し、天然麹菌の自家採取に成功。さらに、パンで積み上げた発酵技術を活かし、野生の菌だけで発酵させるクラフトビール製造を実現するため、2015年鳥取県智頭町へ移転。元保育園を改装し、パン、ビール、カフェの3本柱で事業を展開。 野生の菌による発酵を起点とした地域内循環の実現、里山の恵みを最大限に活かした農産加工と、豊かな食を楽しむ最高の場づくりを目指す。(タルマーリーさんのホームページはこちら

 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •