原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

【11月】森田真生・瀬戸昌宣「学びの未来相談室」「書籍化コミュニティ」開設のお知らせ

2021.11.01更新

これまで1年半にわたって開催してきた、森田真生さんと瀬戸昌宣さんととも週刊「学びの未来」(週1回)と「学びの未来 座談会」(月1回)。そのありかたが11月から変わります。「学びの未来相談室」、およびに「書籍化コミュニティ」がスタート。詳細は下記をご覧いただけましたら幸いです。ご参加お待ちしております。
 
これまでの「学びの未来」の活動を振り返った、「学びの未来のこれまでとこれから」はこちら。また、これまでの座談会を重ねるなかでキーワードとして出てきた「学習権」をめぐる対話はこちらからお読みいただけます。
 
 

「学びの未来相談室」を開室します!

この11月より「学びの未来 相談室」を開室いたします。
これまで1年半、森田さん、瀬戸さんとともに「学びの未来」についての対話を重ねるなかで、「学校」という枠にとらわれない、さまざまな「学びの可能性」がみえてきました。(詳しくは「学びの未来のこれまでとこれから」をご覧ください)
 
そしてこのタイミングで、これまでの思考をさらに掘り下げ、現場の声を聴き、ともに思考する時間をとれたらと思っております。
 
この春には「宿題が多くて困っている」という切実な声から、「先生と生徒の対話」、さらには「学習権」の話にまで視座が広がりました。(詳しくは「学習権をめぐる対話」をご覧ください)
このように、いま学びの現場でどんなことに悩み、どんな思いをかかえ試行錯誤しているのか、をシェアすることから、新しい学びの風景がひらかれていきます。
 
どんなちいさなこと、ささいなことでもかまいません。
学びの場で感じた違和感や悩み、こうなったらいいのに、という思いをこちらにお寄せください。
 
森田さんと瀬戸さんとともに悩むなかで、これまで声にできなかった声、言葉にならなかった思いを、形にしていける場にできたらと思っています。
 
開室日は、月に2回(火曜日の12:00〜)。少人数の空間で言葉を交わします。ご参加いただく方には、ミシマ社よりご連絡差し上げます。ご参加お待ちしています(参加費はかかりません)。
 
「学びの未来相談室」11月の開催日
11月2日(火)12:00〜13:00
11月16(火)12:00〜13:00
 
お申し込みはこちら
 

「書籍化コミュニティ」がはじまります!

11月より始まる「学びの未来 相談室」をはじめ、「学びの未来」のありかたが変わります。
これまでの月4回森田さんと瀬戸さんの対話を聴いていただく、というかたち(週刊「学びの未来」)ではなく、月2回「学びの未来 相談室」、月2回「書籍化へ向けての対話」というかたちになります。(どちらも火曜12:00〜13:00)
 
先日の座談会を経て(めちゃくちゃ白熱しました!)、いまのところの仮タイトルは、『僕たちはずっと学び方を間違えていたのかもしれない(仮)』となっており、これから対話を重ねるなかで、変わっていくことになるかもしれません。
本づくりは本当に楽しく、そのプロセスをご一緒できたらと思っております。
 
本の奥付にも、ご参加いただいている皆さまのお名前を掲載させていただきます。
ご参加お待ちしております。
 
「書籍化へ向けての対話」11月の開催日
11月9日(火)12:00〜13:00
11月30(火)12:00〜13:00
 
 

「書籍化コミュニティ」ご参加方法

下記をクリックして、「学びの未来 メンバーズ」のプランよりご参加ください。(11月よりコミュニティ名が「書籍化コミュニティ」になります。)

「学びの未来」オンラインコミュニティ(note)

◉「学びの未来」書籍化コミュニティ【8,000円(税込)/月】
森田真生さん、瀬戸昌宣さんと対話を重ねてきた「学びの未来」の本づくりをともにするオンラインコミュニティです。メンバーは、月2回「学びの未来 相談室」、月2回「書籍化へ向けての対話」(どちらも火曜12:00〜13:00)、そして月末の「学びの未来座談会」にご参加いただけます。また、本づくりのプロセスをご一緒します。本が完成した際には、奥付にお名前を掲載させていただきます。
 
 
※ noteのアカウントをお持ちでない方は、「会員登録」をお願いいたします。(5分程度でできます)
※ サークルのメンバーになっていただくと、これまでのように毎月チケットを買う必要がなく自動更新ができます。

出演者プロフィール

森田真生(もりた・まさお)
1985年生まれ。独立研究者。2020年、学び・教育・研究・遊びを融合する実験の場として京都に立ち上げた「鹿谷庵」を拠点に、「エコロジカルな転回」以後の言葉と生命の可能性を追究している。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。2016年に『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)、編著として数学者・岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)、2018年10月に絵本『アリになった数学者』(絵・脇阪克二/福音館書店)、2019年3月に初の随筆集『数学の贈り物』(ミシマ社)、2021年4月に『計算する生命』(新潮社)、同年9月に『僕たちはどう生きるか  言葉と思考のエコロジカルな転回』(集英社)を刊行。2019年11月より、WEBマガジン「みんなのミシマガジン」にて、「聴(ゆる)し合う神々」を連載している。
 
公式ウェブサイト→ Choreograph Life
morita.jpg
 
瀬戸昌宣(せと・まさのり)

NPO法人SOMA代表理事
米国コーネル大学にて博士号を取得、同大学で研究と教育に従事。2016年、高知県土佐町で中山間地域の教育に参画。2017年にNPO法人SOMAを設立、「ひとが育つ環境をととのえる」をミッションに学びの環境づくりに取り組む。主催する教育プログラムi.Dare(イデア)は、2019・2020年度、経済産業省「未来の教室」実証事業に採択された。福岡県在住。
2021年度より経済産業省 産業構造審議会 教育イノベーション小委員会委員、高知大学大学院講師。高知県起業支援事業 Kochi Startup Parkメンター。ミシマ社より、「学びの未来 」を独立研究者・森田真生氏と配信中。

jpg
 
 
 
 
 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •