原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 【8/29・9/26(土)開催!】 白川密成さん「密成和尚の土曜講話ーーサタデー・ミッセイーー」開催のお知らせ

【8/29・9/26(土)開催!】 白川密成さん「密成和尚の土曜講話ーーサタデー・ミッセイーー」開催のお知らせ

2020.08.17更新

 

missei3.jpg

「密成和尚の土曜講話————サタデー・ミッセイーー」を、この度開講します。
 ご出演いただくのは白川密成さん。密成さんは著作の『ボクは坊さん。』『坊さん、父になる。』『坊さん、ぼーっとする。』三部作を通して、家族やお寺のまわりの方、ときには経典の中の先人と対話しながら、仏教の教えと自分の人生をつなぎ、「日常の中の仏教」について思索されています。
 5月のMSLive! 「坊さんのぼーっとする技術・初夏」にご出演された際には、仏教の教えをカジュアルに日々の生活で取り入れやすいようにお話してくださったり、画面を通して密成さんと一緒に瞑想する時間をもつこともできました。コロナによる自粛期間でナーバスになっていたところに「ボーッとする」スイッチをいれていただき、心身ともにこわばりが解けるのを感じました。
 「もう一度密成さんのお話を聴きたい」という声にお応えして、今回は8月と9月の最終週の土曜日に、講話を開催します。密成さんの講話や瞑想コーナー、また秋の栄福寺の映像を観ながらのバーチャルお遍路コーナーなどで、心と呼吸を調える1時間となる予定です。
 落ち着かない日々が続く今、ぜひご参加ください。

密成さんより「土曜講話」の開催に寄せて

 みなさん、こんにちは!四国、今治市にある栄福寺の住職、白川密成です。このたび、前回の5月に続きミシマ社とオンラインでのお話会&簡単な瞑想体験をさせて頂くことになりました。
 前回のお話、瞑想を通じて、僕自身も生活に変化があり、オンラインであっても、みんなで体を寄せ合って、時間を共有することの「力」を知りました。
 仏教の智慧には、長い時間が積み重なっているので、普段の生活の中で、少し忘れがちになっている「大切なこと」を気づかせてくれることがあります。今回は、ミシマ社「坊さんシリーズ」既刊の3冊も振り返りながら、今だから身心のリラックスのために届けたい、智慧をお話ししたいと思っています。語りの話し言葉だから、伝わる何かもあるでしょう。

オンライン配信 詳細

■配信日時:
第1回 8月29日(土)10:00〜11:00
第2回 9月26日(土)10:00〜11:00

※当日9:00時ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。
※イベントの参加方法の詳細はこちら。https://mishimasha.com/mishinews/sugakunookurimono/001798.html

 

チケットのご購入

●全2回参加チケット:2,700円+税
 
●第1回(8月29日)参加チケット:1,500円+税
 
●第2回(9月26日)参加チケット:1,500円+税
※チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載がございますURLより「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。
 
※ご参加いただいた方には、後日、期間限定で、イベントの動画も視聴いただけます。
 

著者プロフィール

白川密成(しらかわ・みっせい)

1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、『ほぼ日刊イトイ新聞』において、「坊さん。――57番札所24歳住職7転8起の日々。」の連載を開始し2008年まで231回の文章を寄稿。2010年、『ボクは坊さん。』(ミシマ社)を出版。2015年10月映画化。他の著書に『坊さん、父になる。』(ミシマ社)、『空海さんに聞いてみよう。』(徳間文庫カレッジ)がある。

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •