自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
«前月 2010年03月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

たくさん嬉しいことがありました☆
こんばんは月
ミシマ社林です。

わたくしごとで恐縮ですが、
実は今日は、わたくしの27回目の誕生日なのです女性

ミシマ社メンバーがサプライズで祝ってくれました~☆

書籍発送のタイムリミットが差し迫った、
予想外のタイミングでのバースデーソング音符

あまりの唐突さに一瞬笑いそうになり、そのあと
みんなの優しい気持ちが伝わってきて泣きそうになってしまいましたしくしく
各々すごい忙しい中、こっそり進めてくれたと思うと
この気持ちを仕事で恩返ししたい・・・・!!と、俄然、
やる気が湧いて参りましたよオッケー


三島が買ってきてくれたチーズケーキとシュークリームケーキ
ピカソルのケーキ、初めて食べたのですが
ふわふわして、すごいおいしいかったのです。


いただいたプレゼントはLUSHのリップと石けん、ボディソープと入浴剤四葉
どれも甘い香りがして、こんな香りがする女子は、きっと大人だ!と思いました。

(余談ですが、もらったシリーズは「ワイルドチャイルド」というシリーズでしたひよこ
 三島がわたしにピッタリと思ったようです・・・。チャイルド・・・・。)

ふふん。お風呂でたくさんこの石けん使って、
ワイルドアダルティーになっちゃうぜオッケーと、もくろんでおります。

今日は素敵なことがあって嬉しいなーと思っていたら、
夕方、なんと白山レシピのお母さんがプレゼントを持っていらしてくださったのですlove



きゃ~!! 手作りのハンガですー!
なんて可愛いのでしょう。
しかも。



見えますでしょうか。 「to Mei chan」の文字が。
素敵!!

さっそくコートをかけてみたり。



とっても温かいプレゼントでした。
ありがとうございますチューリップ


<おまけ>

髪を色鉛筆でまとめるキムラ姐さん。



かっくいー!

仕掛け屋日記::林編 | 11:57 PM | comments (2) | trackback (0) |
スリップ
会社へ来たら茶封筒がポンとおいてありました。
茨城の友朋堂書店さんからのお届けもの。
表には、
売り上げスリップ在中
と書いてあります。

開けてみたら、

100冊超えるスリップ(本に挟まれている本屋さんが使われる棚補充用の小さな紙)
の半券が出てきました。

一冊売れたら一冊自動的に補充されるシステムはとっても便利ですが、
こうしてスリップ一枚ずつをお届けいただけるのは、
とってもとってもうれしいです。

一枚が一冊、お一人ずつのお手元に届いていると感じることのできる小さな紙。
いろいろ考え深く、しあわせな重みと感触でした。

ありがとうございますチューリップ

仕掛け屋日記::木村編 | 03:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
切符、受け取りました!
きのうはジュンク堂書店池袋店さんで、
『未来への周遊券』著者、最相葉月さんと瀬名秀明さんのトークイベントでした。

ジュンク堂書店池袋店の書店員さんである大内さんは、
この本を読んだ後、とっても温かな感想をくださり、
それを本の帯に使わせていただきました。

一回見開き二ページ読みきりの往復書簡という形式もあって、
文章がきりりと引き締まっていて、立ち姿がとても美しく凛々しい。
十年に一度の傑作。


そんな大内さん、きのうは駅員さんに扮しておられ、
トークイベントはこんなふうに始まりました。

「本日は、ミシマ駅発、未来行き列車にご乗車いただき、まことにありがとうございます。
この列車は、一時間半ノンストップで運行してまいります。
では本日の車掌をお呼びいたしましょう。
最相葉月さん、瀬名秀明さんです!」


そこから始まった時間は、宝物のような言葉のやりとりでした。
お二人は一年半ものお手紙のやりとりの中で、
おたがいにおたがいの読んだ本や、執筆している分野、
見ているものを尊敬しつつ感じあい、
広く未来につづくものを探しておられたのだなぁと
改めて感じました。

お客さまと一緒につくりあげていただいたジュンク堂列車での時間、
弊社一同にとって幸せな時間となりました。
雨の中、たくさんのお客さまにお越しいただき、
本当にありがとうございました!

大内さんが、
「この本はこれから発車するんです」
とおっしゃたのがとてもうれしく、印象的でした。

読み終わるのがもったないなくて、だいじにだいじに読んだけれど、
たとえ読み終わっても、
お二人の生活のなかから生まれた温かいことばが
なんどもなんども心の中に立ち上がってくる素敵な本です。

どうかたくさんの方に届いてほしい。
心から願い、今日からまたたくさん届け歩こうと思います。

トークショウ前に多くの書店さんにご同行していただき、
長い一日を笑顔で走っていただいた
最相さんと瀬名さん、本当にありがとうございました!!

仕掛け屋日記::木村編 | 01:37 PM | comments (2) | trackback (0) |

ページのトップへ