自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
«前月 2008年04月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

本屋さんをめぐる2
本屋さんをめぐる1に続き、後日、エニグモ美人広報の柿谷さんと私で、もう3店舗の本屋さんへ伺いました。
まずは、有楽町AKIBA店さん。このお店は、とにかく本の並べ方が美しいです。そして、良い空気が流れているのが入ってすぐにわかります。
ご担当者の門脇さんは、ふわーっとした可愛らしい声をしています。以前おすすめしてくださった『よつばと!』(メディアワークス)という漫画、私もすっかりはまってしまいました・・・。そうなのです。門脇さんのところへ伺うと、おすすめ上手なのですぐに本を買いたくなってしまいます。しかもちゃんと面白いから、安心です。そんな店員さんがおそらく沢山いらっしゃるお店であるから、「ワクワクする棚」そして「おもわず買っちゃう棚」でお店が活気づいているのでしょう・・・。ディスプレイも、ポップも、天井から吊ってある手作りの切り絵の飾りも、中にいる人がまず楽しんでいるのがよーくわかるお店です。


有隣堂AKIBA店門脇さんと、エニグモ柿谷さん


そしてご覧のようなご展開!!このお店では、一つのところにどーんと置いてくださっているというのではなく、二面、三面を細やかに色々な棚に置いて下さっています。有隣堂さんの中でも、恵比寿店さんに続き2番目に売って下さっています。嬉しいー。
門脇さん、引越しパーティーも是非お越しくださいませ!!
キャーキャー私が騒いでの門脇さん訪問を終え、次は三省堂有楽町店へ。
このお店も、有隣堂AKIBA店さんと同じように、「活気」があります。
入ってすぐにカウンター前に積んである文庫の山と大きなポップ。どこを通ってもかかる感じの良い声の「いらっしゃいませ」。ゴミが落ちていたら、さっとしゃがんで取っている店員さん。当たり前かもしれないけれど、でもそれが特別なときでなくて、例えばたまたま見た一瞬に行われているって、やっぱりすごいと思います。
そしてこちらでお世話になっている書店員さんは、一階の小松崎さんと、二階の荒井さん。以前、三島と本のご紹介にあがった時、「この本、トップねらえるんじゃない?」とおっしゃって、すぐに動いて下さったお二人です。この日、小松崎さんはお休みでしたが、荒井さんとお話させていただきました。


三省堂有楽町店の荒井さん


柿谷さんが持って来て下さった須田さんと田中さんの色紙を見て、「字が多くていいですね」と言って下さいました。エニグモファイルもミシマ社通信もご活用いただき、本当にありがとうございます!!これからも通いますので、どうぞ宜しくお願い致します。小松崎さんにも、色々文芸書のこと教えていただきたいなと思います。
そして、場所を移動し、渋谷の山下書店さんへ。
ご担当の千本松さんはお休みでした。後日伺ったところ、とても気さくにお話させていただけました。ミシマ社自体にも興味を持って下さって、「応援しています」のお言葉嬉しかったです。エニグモのご近所に、千本松さんのような書店員さんが支えて下さっていて、とてもありがたく思っております。

その日、柿谷さんと書店さん周りをした私は、終始ご機嫌さんでした。
柿谷さんは、たくさんのお仕事を抱えてらっしゃいますが、いつも笑顔で、気さくで、見習うべき憧れの女性なのです。
本の中に、柿谷さんがエニグモに入るシーンがありますが、それを読んでから想像を膨らませて会った私は、ヤッパリ!!という嬉しさでいっぱいになりました。
想像通りの方だったからです。
須田さんと田中さんも、こんなこと私が書くのはおこがましいけれど、ああヤッパリ!ヤッパリね!!と、そこに喜びがともなう、私にとって、キラキラした出会いでした。
本屋さんめぐり、ありがとうございました!!
またお時間あれば是非・・・

今回の本屋さんたち、どこも楽しく素敵な本屋さんです。
他にも、いいなあーと思う本屋さんが、たくさんありますよね。
ミシマ社も、本で、たくさんの人と繋がって行きたいです。

みなさんの好きな本屋さんは、どこですか?
是非教えて下さい。

それから、しつこくも再度引越しパーティーのお知らせ・・・

引越しパーティー
11(金)18時〜ミシマ社新オフィスにて
自由が丘2−6−13
TEL・03−3724−5616
18(金)同上
*一人一品、食べ物、飲み物をお持ち下さると嬉しいです!!


ではでは皆さま、是非お越しくださいませ。
一同楽しみにお待ち申し上げております。

仕掛け屋日記::木村編 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
楽しいで繋がろう。本屋さんをめぐる1
ある日のことでした。
初めてエニグモさんのオフィスへお邪魔しました。
めっちゃ元気、めっちゃ爽やか。
そんな人と空気に溢れたオフィスでした。ここで様々なサービスや氷室飲み(氷室ポーズでお酒を美味しくいただくことです)が行われているのですね。写真は、オフィスにいらっしゃるお二人。


左から、田中さんと須田さん


その日、私はお二人と、広報の柿谷さん(お美しい!)に、一緒に書店さんへ行っていただけないかとお願いをしました。
お三方、
「行きます行きます!いくらでも!!」
と言って下さいました。そしてすぐにスケジュール確認をして下さいました。
お忙しいのに、いつも「前へ」の姿勢です。嬉しすぎます。
その後、オフィスにいらっしゃる方々にご挨拶させていただいたのですが、その時のみなさんのピカピカした雰囲気、忘れられません。・・・眩しいぜ。
そういう時って、何人かどうでもよさげな人がいるのが当たり前な気がするのに、みなさんこちらを真っ直ぐ見て下さったものだから・・・大変です。頭が真っ白になり、ごにょごにょと訳のわからんご挨拶となってしまいました。

そして後日、いよいよ書店さんへ!!
三島も合流し、5人でぞろぞろぞろ。
まずは丸善丸の内本店さんへ。一階の田中さんとご挨拶。入り口に、当日は残念ながらお会いできなかった仕掛け屋、宮野さんのお手製ポップとご展開が!宮野さんは、ゲラを読んで下さって、ガッチリ売りますよ!と、最初から沢山のご注文を下さいました。宮野さん、田中さん、ありがとうございます。なんと田中さん、以前バイマのご利用機会があったとか。重ね重ね喜ぶ一同。早速、色紙を書くために裏ストックへご案内いただく。
「本屋さんの裏側ってこんなふうになってるんだ・・・」
須田さん、しげしげと室内を見渡す。
色紙を書く機会はそんなに無いようで、うーむ、と悩んでいましたが、出来上がりを見てビックリ!!
文字数、多っ!!
素敵色紙の出来上がりです。写真は、田中さんと須田さん。(田中さん、沢山手に持ってアピールをして下さってありがとうございました!!)


丸善丸の内本店さん


田中さんとさようならをし、新宿へ・・・。
電車に乗ってもずっと笑いっぱなし、楽しそうなお二人。


電車移動するんだ


お次は、紀伊國屋書店新宿本店さん。
ご担当者池田さんは、売るといったら売る職人さんのような方でテキパキとお仕事されますが、いったんお仕事を離れると、ふんわりした方になります。一同ご挨拶。
「一緒にがんばりましょう」
池田さんはいつもこうおっしゃいます。そして私はこの言葉が大好き!!
エニグモのお三方も、
「池田さん、いいっすねー」
と満面の笑みです。これからもどうぞ宜しくお願いします!!
ちなみにこのお店の色紙には、ちょっとしたいたずら心がありますので、お立ち寄りの方は是非!!のビジネス書新刊の棚に張ってあります!!


紀伊國屋書店新宿本店さん


その後、ブックファースト新宿ルミネ2店へ。
こちらのご担当者船本さんは、やはりゲラを読んで、これは面白い!!とすぐさま声をあげて下さった方。ゲラがちょうどいいところで終わっていたので(申し訳が無いです)本を発売日に買ってくださいました。須田さん田中さんとお会いしたい!!とおっしゃる船本さん。そしてこの日、遂に初体面のご挨拶。・・・あれ?船本さん、いつもと様子が違いますね・・・・?なんと船本さん、この日まで、色々とお伝えしたいことを考えてこられたそうですが、緊張のあまり言葉数が少なくなってしまいました。ありがとうございます。こちらのお店でも、愛情こもったご展開を頂いております。そんな棚の前でパチリ。


ブックファースト新宿ルミネ2店さん


その後有隣堂の恵比寿アトレ店へ。ご担当者の鈴木さんは、レジのお時間で、ものすごくお忙しい中お話を聞いてくださいました。お邪魔致しました。ありがとうございます!!

ここで、須田さんと田中さんの仰天色紙の書き方をご紹介。
必殺!!色紙も氷室書き!!!


氷室書きをする須田さん



氷室書き田中さん


そして渋谷へ移動。
まずは文教堂渋谷店さんへ。このお店は私としても思いが深く、今よりも更にミシマ社という名が知られていなかった時に、野口さんという当時の店長さんが、熱心にお話を聞いてくださって、お取引の始まったお店です。現在の店長、横山さんにご挨拶。終始ニコニコとお話を聞いてくださいました。ここで行われるフェアや、一押ししてある本の山は、どうしてか買いたくなっちゃうのです。横山さん、ありがとうございました!!これからもどうぞ宜しくお願い致します!!


文教堂渋谷店さん


(三島も楽しそー!)
そして、最後はブックファースト渋谷店さんへ。
ご担当者平井さんとご挨拶。静かですが、闘志を感じる平井さん。
「すでに売ってますよー!というか、これからさらに売ります!!」
あくまで声は静かなのです。一同、その力強い台詞に
「宜しくお願いします!!!」
後日売り上げを見ると・・・本当に売りまくって下さっております。ちなみにこちらは、本部の明るくて気さくな小笠原さんも、いつも相当応援して下さいます。心強い!!お二人とも、本当にありがとうございます!!


ブックファースト渋谷店さん


その日、エニグモのお三方は、時間ギリギリ、お昼も食べずに一緒に歩きまわって下さいました。それも笑顔で。楽しそうに。
書店さんも、お忙しい業務の中、みなさんきちんとお話を聞いて下さり、本当にありがたいことだと思いました。
楽しいとか嬉しいとか幸せとかっていう気持ちはドンドン人に伝わっていくものだと信じています。今回の書店さんと、エニグモのお三方との今始まった出会いが、どんどんプラスの力を生んで行きますように。結局、会社は会社で勿論ですが、人と人が顔で繋がって握手した瞬間に色んな花火が上がるのだと思った書店さんめぐりでした。
書店員の方々、須田さん、田中さん、柿谷さん、本当にありがとうございました!!

さて、書店さんめぐりのお話は、2へつづく・・・請うご期待!!


そして!!
引越しパーティーを行います。
4月11日(金)18時〜 オフィス見学会&軽食パーティー
4月18日(金)同上

∗飲み物か食べ物を一品、持参いただけると嬉しいです。


楽しいで繋がるパーティー。
ご興味のある方、読者の方も、是非お越しくださいませ!!
一同でお待ちしております!!
キーワードは、暗い言葉はなしよ。

仕掛け屋日記::木村編 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

ページのトップへ