自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
«前月 2020年10月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

大事なことはいつだって。
以前、私は本屋で働いていた。
先日、その本屋さんの社長さんとお会いした。
私が退職する際、このOさんは、
「本の世界にもどってくることがあったら、いつでも会いにおいで」
と言って下さった。

「おかえり、久しぶりだね」
と言って、以前と変わらずあたたかく迎えて下さった。
色々、今どうしたら良いのかなと思っている事柄をOさんに伝えると、
とても素敵な言葉が返ってきた。

「大事なことはいつだって、難しいことじゃないんだよ。
 誰にでもわかる、いたってシンプルなこと。
 それを続ければ、おかしなことにはならない」

その後も「次郎物語」「赤と黒」などの本の話、作家さんの話、
何かあると思い出す名文の話など、様々な本にまつわる話をして、
とっても楽しくて、気がつくと二時間がたっていた。

この書店では一年半前から、すでに全国にある店舗でしっかりとお取引をいただいている。
私はミシマ社に入社したとき、本部へ全店での口座開設のお願いをしに伺った。
その時、同期と、当時の上司が同席して、協力してくださった。
お店では、当時お世話になった上司、先輩や後輩が、今いるそれぞれの店舗で、
応援してくださった。
売り場でお世話になった出版社の方々からも、折にふれ色々とお声をかけていただいて、
心強くなることがたくさんあった。
今でも、ずっとだなんて。
本当に、ありがたい。
そしてミシマ社に入社後の今までに初めてお会いした、様々な本屋さん、出版社の方々に
そして読者の方々に愛情をいただいている。

だからこそ、その愛情を、コンテンツで、営業力で、気持ちで、
自立して新しい世界を切り開いて行く力に変えたい。
そして、今一緒にすべきことは何なのか、何ができるのかを、真剣に考えたい。
改めて、働かせていただいた本屋さんに、感謝の日だった。

大事なことはいつだって、難しいことじゃないんだよ。
誰にだってわかる、シンプルなこと。
それを続ければ、おかしなことにはならない。

がんばろう。

仕掛け屋日記::木村編 | 12:57 PM | comments (0) | trackback (0) |








http://www.mishimasha.com/fun2/blog/tb.php/51

ページのトップへ