自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
«前月 2020年02月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

紀伊國屋書店本店さんで、ユニークフェア発見!
みなさんこんにちは。

昨日の営業中、屋外駅のホームで電車を待っていたら
信じられないくらい熱かったです。。。
みなさんは体調など崩されていませんでしょうか。

今日は、紀伊國屋書店本店さんで始まったユニークフェアのお知らせです。

題して、「ほんのまくらフェア」。





これ全部、シュリンクされて本のタイトルがわからないんです。

こちらのフェア担当伊藤稔さんにお話伺ったところ
伊藤さんのお知り合いのデザイナーの方に頼んで
「本の出だし」=「ほんのまくら」(と命名)のみ前面に印刷したという
斬新なデザイン&見せ方。

HPより、一部こちらのフェアの概要を引用させていただきますね。

「オリジナルカバーに載っているのは、本の「まくら」です。
 それぞれ「まくら」に何を感じ取れるのでしょうか。
 商品にはパックがかかっていますがそれを開けずに選んでみてください。
 それはもう本当に研ぎ澄まされた感覚のみで。
 きっと不思議な本との出会いが待っているはずです。

 またこのように中身が見えない状態でお買い上げいただきます不親切をご容赦くださいませ。
 そしてそれも含めて楽しんでいただけたら幸いです。」


100冊選書され、フェア棚には書き出しが一覧になった
フリーペーパーも置いてあります。

むむ。

「あした世界が終わる日に 一緒に過ごす人がいない」
「仮に次郎としておこう。次郎は何もしていない。少なくとも今は。」
「雲が人々の心にかかり、空は泣いていた」


なんて気になる「ほんのまくら」たち!!
ぜひお店に足を運んでみてくださいませ。


紀伊國屋書店新宿本店
新宿区新宿3-17-7

場所:2階売場中央フェアスペース
期間:2012年7月26日(木)~8月25日(土)

仕掛け屋日記::林編 | 12:23 PM | comments (2) | trackback (0) |
朝日新聞の天声人語で紹介されているのを読み、
中3の息子と、「これならついつい買っちゃうよねぇ」と話しながら、
おや!? ウチって意外に“まくら買い”した本が多い、と気づいたりしました。

中には、1ページだけ読んでお蔵入りしたものもあれば、
すっかりハマッて、同じ作家ばかり読みあさるに至ったものもあります。

大阪でもやって欲しいですねぇ。
| おかん | URL | 2012/08/28 09:00 PM | LyQNY022 |

おかんさま、コメントありがとうございます。まくらフェア、素敵ですよね。
好評につき大阪や全国の紀伊国屋で1/21日より、まくらフェア開催しているようです。
http://www.kinokuniya.co.jp/20130117150500.html
ぜひお近くの本屋さんに行ってみてくださいませ~◎
| はやし | URL | 2013/02/07 09:39 AM | .RYGD5Hc |









http://www.mishimasha.com/fun2/blog/tb.php/270

ページのトップへ