自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    «前月 2020年10月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    明日朝、朝日新聞に。
    土曜の夜いかがおすごしですか。

    わたしはたったいま、白川道先生の『最も遠い銀河』(幻冬舎)読了。
    ふへー。
    朝から晩までかけて一気に読んだので、今はぼんやりです。
    なぜってこの本、上下巻、しかも二段組。



    先日上巻を少し読み始めたところで、
    いや、こりゃ、まとまった時間を作って一気に読みたいと思い、
    今日まで読むのをグッと我慢。
    今朝から、何をしながらも手にこの本を持ち、
    いかん、上巻を読み終わる!
    わー、葛城!!どうなるー!!?
    と、騒ぎながら上巻あと数ページの段階で、
    下巻を買うために車を出してもらって書店へ行き、
    それから今までこれまた何をしながらも手に下巻を持ち、
    先ほど読了したわけです。
    木村に、「桃子君。いい加減にしなさい。・・・桃子君?!!」
    「あ、ごめんなさい」と、何度もやりとりしながらの読了。

    あー、面白かった!!
    登場人物が多すぎると、わたしは混乱することが多々あるのですが、
    この小説は、それぞれの人生と性格、業が、
    読んでいる者が怖くなるほど繊細に表現されていて、
    どんどんのめりこんで行きました。
    読んでいる間、違う人生を生きるような感覚になる。
    小説の面白さって、こういうところが好きなんだよなと、
    純粋に思い出しました。

    やっぱり同じように、ゆっくりとした空間で読みたくて、
    冬の長野の山奥で読んだ弊社刊松本健一先生の『海岸線の歴史』ですが、
    明日の朝、朝日新聞で書評していただけるのだとか。
    今からとっても楽しみです。

    朝日新聞をご購読の方は、ぜひチェックしてみてください。
    よろしくお願いしますお茶

    仕掛け屋日記::木村編 | 10:34 PM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ