自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    «前月 2020年02月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    メトロとか、TXとか。
    昨日今日と、メトロに乗ったり、つくばエクスプレスに乗ったりして、
    書店さんへ伺っていました。
    電車の線によって、私はすこしずつ思い出があります。
    会社へ続く東横線での一番の思い出というか、
    びっくりしたのは、自由が丘から渋谷へ移動したときのことでした。
    車内にいるときから、見知らぬ青年が、何かこちらに向かって
    話しかけているとは思っていましたが、無視。
    しかし渋谷駅に着くやいなや、その人に手首を握られ、
    何故か一緒に猛ダッシュさせられ。
    改札も何故かタイミングよくすり抜け、東急の前で
    私はやっとその人の手を振り払ったのでした。
    何でだ。
    何で恋人のケンカみたいな画になっているのだ・・・。
    そんな思い出。
    みなさんの電車にまつわる思い出はどんなでしょうか。

    さて、今日は快適なつくばエクスプレスに乗って、
    守谷にあるフタバ図書さんへ。
    こちらのお店のAさんに、ミシマ社本のフェアをしていただいていると
    聞いて、拝見しに・・・
    感激です。
    全部に手作りポップがついています。
    チューリップ内田先生の『街場の教育論』ポップ


    チューリップ矢野先生、長谷川先生の『仕事で遊ぶナンバ術』ポップ


    チューリップミシマ社の紹介をしていただいています。

    このポップにあるように、WBSで弊社が取材を受けた際、
    営業渡邉がお邪魔したのは、フタバ図書の南砂町店でした。
    芝さん、ありがとうございました!!
    そのときの映像がこちらから見ることが出来るようです。

    http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2009/04/o1-104.html
    チューリップフェアの全体像。パネルも手作り!


    カウンター前のメチャメチャ目立つところにご展開いただいております。
    お近くのかた、是非フタバ図書さんへ!!
    うれしかったのは、もうじき発刊となります、松本先生の
    『海岸線の歴史』を、詳しい情報をプリントして一緒に貼っていただいて、
    ご予約受付中!
    とまで書いていただいていたこと・・・・
    愛を感じます。
    Aさん、本当にいつもありがとうございますlove
    いやぁ、書店さんへ伺うたび、色々な発見があります。

    今回は、水村美苗さんの素晴らしい本
    『日本語が亡びるとき』(筑摩書房)を中心に、『本格小説』上・下(新潮文庫)、
    白川静『漢字百話』(中公新書)などがまとまっていて、
    実に興味深い棚が作られていました。
    また伺うのが楽しみです!



    仕掛け屋日記::木村編 | 10:02 PM | comments (6) | trackback (0) |

  • ページのトップへ