自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31      
    «前月 2020年08月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    ぽぱぁと展最終日です!
    連日さまざまな出会いを生んでくれている
    チームぶりんのぽぱぁと展。
    本日19時までですので、もしまだで、見たい!
    という方は是非。
    たのしみにお待ち申し上げておりますお茶

    きのう、書店員Aさんに来ていただけたので、
    何度も観ているぶりんの作品を、
    トモ君というぶりんメンバーの説明で
    Aさんと一緒にもう一度ゆっくり見ました。
    以下、作品に対するトモ君の説明。

    チューリップ井上一馬先生の『お祭り!大事典』
    この本を読むと、お祭りが本当に
    毎日どこかしらで行われているから、
    お祭り標識があったら面白いかなぁと思って
    デザインしました。

    チューリップ須田将啓氏、田中禎人氏の
    『謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦』
    これは正面から見ると、
    イケテル若者が全力で疾走している姿なんです。
    本の中の人々の、本気が伝わって来るように
    ということです。

    チューリップ内田樹先生の『街場の教育論』
    彼は充電されているのですが、要するに、
    自分達全員が、教育問題の犯人だ、
    すなわち、自ら動くことをデザインしたら、
    こうなりました(笑)

    チューリップ香山リカ先生の『文章は写経のように書くのがいい』
    この本は、最初から、大丈夫、大丈夫、大丈夫って
    こうなったらコウ書けば大丈夫って最後まで言い続けて
    くれる本でした。読み終わると、おう?俺、書けるな、という
    心境になる。
    セラピー効果の部分をこのように森で熊さんが・・・
    という形で表しました。

    チューリップ矢野龍彦先生、長谷川智先生の
    『ナンバ式!お元気生活』
    これは、すごーく元気のない人が、だんだんじわりじわりと
    元気になって行くさまを表現して、最後にヤッター!となります。
    繊細なカッター使いに注目です。

    チューリップ斎藤文彦先生『みんなのプロレス』
    リングの中と外にうごめく、人々の様々な思いを
    トランプで表現しています。
    いつもリングの中には引力があって、
    人をひきつけるものがある。
    それを赤いダイヤで表現しているのです。

    チューリップ荻上チキ先生の『12歳からのインターネット』
    この本を読んだ人、グッドマンと読まなかった人バッドマンが
    います。
    グッドマンはパソコンをおいしく食べている。
    でも、バッドマンは逆にパソコンに食われている。
    食うか、食われるかは、この本で変わという表現。
    ちなみにあそこにいるのは、パソコンの神さまです。

    ふふふ・・・
    説明だけでは意味が分からないかもしれません。
    しかし、営業渡辺と、トモクンの話を聞いていると、
    営業にそのまま使えるような視点が沢山あるね!
    という話になったのでした。
    間に合う方は、是非、是非おこしくださいませ!

    遠方であったり、残念ながらご都合つかなかった方々にも
    是非ごらんいただきたいので、ぽぱぁと展終了後日、
    落ち着いた状態で作品写真をアップいたします。

    彼らは本を、全員全部本当に読んでから作品にとりかかって
    くれました。
    一読者であり、一デザイナーとしてのフィルターを通しての
    世界観は、ミシマ社メンバーとはまた違った豊かなものです。

    お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
    ぶりんのみなさん、ありがとうございました。

    おまけ
    先日誕生日に大越夫人のSさんからプレゼントしていただいた、
    すってきプリンの画像です。


    ミシマ社からご連絡 | 02:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ