自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    «前月 2020年02月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    良いお天気ですね。
    こんにちは。
    今年最後の月、12月です。
    みなさまいかがおすごしですか?

    私はといいますと、このところ体調不良で、長くお休みいただいて
    おります。仕掛け屋の林に、入社二ヶ月で全てを任せている状態。
    ごめんなさい。

    その間内田樹先生の『街場の教育論』が発売になりました。

    去年の6月に出た『街場の中国論』のときも反響は大きかったのですが、
    今年もこうして内田先生がミシマ社で街場シリーズを出してくださったこと、
    ありがたいことだなと心から思います。

    今回も読者の方、書店員さんからの反響が大きく、嬉しい限りです。

    つい先日も、私がベッドでボーっとしていると、大阪のA書店の方から
    メールが届きました。
    奈良に紅葉を見に行ったよー、という写メつきの嬉しいメールだったのですが、
    そこにも感想を書いて下さいました。

    『街場の教育論』ですが、教育だけではなく、ものすごく深いところを
    言葉にしてはって、帰りの新幹線で前半を読んで目頭が熱くなりました。

    ありがとうございますー。
    なんか、じわっとくるものがありますよね。
    読んでいると胸が、ぼうっと熱くなる。

    今回も鉛筆の可愛らしい装丁を、クラフト・エヴィング商會さんが
    手がけてくださいました。
    鉛筆愛用家の私としては、感激でした。

    お外はなにやらクリスマスへ向けキラキラしておりますが、
    クリスマスよりお正月が気になる木村家では、門松を探しています。
    去年実家は父が木こりとなって手作りしていたので、ビックリしましたが、
    なかなか愛らしい門松でしたので、手作りもよいかもしれません。
    ミシマ社の門松と一緒に、作ろうかな。

    ついしんケーキ
    12月がお誕生月の方、おめでとうございます!
    良いお誕生日を。

    仕掛け屋日記::木村編 | 11:15 AM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ