自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    «前月 2021年12月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    ブックフェアへの道VOL.2チームブリン誕生
    今日は二度目のバンタンでの打ち合わせでした。
    単純に私が食べたかったから、お土産に千疋屋のフルーツゼリーをお土産にして、ふらふらと。



    前回同様の、あの素敵教室で、まずはゼリーで喉を潤します。
    色んな果物が入っていて、色も綺麗で、味も想像していたより甘かったけど美味しい!!
    とっても弾力のあるゼリーを、カチカチとしっかりと噛んだり、ブリンブリンしてて掬いづらい〜などと言いながら、食べつつ、
    「このプロジェクトチームの名前をつけようよ」
    という話になりました。
    途端に、
    「ブリンでいいんじゃない?チームブリン。素敵」
    というH君。
    という訳で、この先このプロジェクトチーム名はチームブリンに決定です。
    笑いながらもプレゼンを開始してもらいます。
    今回彼らが用意してくれたのは、ブース内の立体模型でした。
    模型を作ることによって、私のいい加減なデッサンの事実上のサイズが見えて来ました。
    そうしてみたところ、

    意外とあっさりしすぎているのでは?
    これではインパクトに欠けるのでは?

    でも、あっさりからみえる良さがあるんじゃない?



    など、色々な指摘をしてくれました。
    私は、自分の表現力が足りず、うまいこと伝えられずひたすらもどかしかったのですが、意見の交じり合いの中で確かなことを感じました。
    それは、やっぱり彼らにお願いしてよかったなということです。

    アマチュアの強み。
    一所懸命さが、すごく良かった。
    片手間でなく、全力投球という感じがした。
    ありがとうございます。
    次は11日、ミシマ社で、意思の疎通、デザイン決定いたしましょうね。

    仕掛け屋日記::木村編 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ