自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    «前月 2020年09月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    ヒッコシパーティーパートツー
    先日、ヒッコシパーティーパートツーが行われました。
    広い!!
    と思っていたこの家に、
    狭っ!!!
    と感じるほど沢山の人が来てくださいました。
    お越しいただいた方々に、心からお礼申し上げます。
    何のお構いもできず・・・・
    というのはこのこと。
    本当に皆さんにお任せしてしまった状態でした。
    あっちで爆笑、こっちで氷室飲み、そっちでしっぽり。

    エニグモの方々も駆けつけてくださいました。
    相変わらずお元気!!
    そして何故だか・・・・可愛いのです。
    少年と少女のように、皆さん、とにっかく明るい。
    ・・・・何か可愛いいんだよなぁ。(ごめんなさい・・・)
    彼らのサービス、彼らの心意気を、もっとたくさんの人たちに知ってもらえたら・・・と思います。
    少しお話しただけで、誰もが虜になるほどの、素敵な人たちです。

    そして当日、びっくりすることがおこりました。
    雨の中、エニグモさんの本、『謎の会社、世界を変える。』を読んで読者葉書を送って下さっていた方が、パーティーを知り、薔薇の花束を持って駆けつけてきてくださったのです。
    この、Tさんという女性は、お葉書によると、エニグモ本を通勤の電車行き帰りで一気読みして下さった方。
    お葉書を頂いたので、私は嬉しくてありがたくお返事をお送りしたのですが、それで駆けつけて来てくださるなんて、本当に感激でした。
    その後Tさんからのメールには弊社にお越しくださるまでの葛藤を、以下のような一文に込めてらっしゃいました。

    相手を真っ直ぐ見つめて、心から湧いてくることを伝えようと一心になることも、
    偶然の行き違いや、故意の何かに何度か出合っていくうちに、
    様子を見ながら軽く流すような対応になっていくのかもしれません。

    けれどもTさんは様子を見ることも軽く流すこともせず、私たちに会いに来てくださいました。
    それは、すごく想いと力のいることだと思います。
    本当にありがとうございました。
    一同、心からお礼を申し上げます。

    ぼちぼちですが、皆さまにお礼状を書いております。
    三島がいつも言う、一冊の本の力を信じる、そんな瞬間を、逆に様々な方に与えられているなと思う感謝の日々です。
    本当にいつもありがとうございます。
    まずは春夏秋冬にてお礼まで・・・

    仕掛け屋日記::木村編 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ