自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
«前月 2021年12月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

15歳の読者さまからのお葉書。
先日、とってもきれいな字の、15歳の読者さまからのお葉書が届きました。
15歳の、仙台在住の方からのお葉書でした。
読んで下さった本は『謎の会社、世界を変える。』!!
本をお知りになったきっかけは、弊社サイトだそうです。
ご紹介いたします。

表紙が美しい。
内容も面白かった。
このハガキが”手書き”で書いてあるのもナイス!!
すてきなミシマ社が生んだ、すてきな本。
買ってよかったです。

とのことでした。
嬉しいです、本当に!!
ありがとうございます。
いつもながらに、一同、大喜びでした。
明日も頑張るぞー月   

読者様より | 10:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
過去は新しく、未来は懐かしい。
先日、読者の方から届いたあるお手紙に、心がさらわれました。

『インドに、過去は新しく、未来は懐かしい、という言葉があります。
 過去の出来事は、想い出とともに新しく甦り、
 未来の出来事は、懐かしさを通してやってくる、という意味でしょうか』

三十年以上一緒にすごした旦那さまが急に亡くなられ、
悲しみにくれながらも、
決して後ろ向きでなく、
一緒にすごした過去の日々を、未来に見ながら
歩いて行かれようとしているこの方のお手紙。
胸が苦しくなるほどの愛の言葉で溢れていました。

届いた日、涼しくなった秋の夜のなかを歩きながら、この言葉を思い出し、
意味を深く考える前から涙がぽたぽた落ちました。

色んな方のもとへ作家さんが魂を込めた本が届くことによって、
私たちもまた、こうして色んな方の人生を知ります。
そしてまた、自分が今ここに生きている意味を考えます。
読者の方からのお手紙は、宝物です。

読者様より | 10:45 PM | comments (0) | trackback (0) |
お葉書の一部をご紹介致します。
おかげさまで、弊社刊行の本が少しずつですが、増えております。
その度、読者さまからのお葉書の種類が増え、嬉しくありがたいなあと感謝しながら、
三島は勿論、全員で拝読しております。

今日はその中のほんの一部をご紹介致します。

四葉大阪府、62歳男性
 『街場の中国論』のご感想
 知の宝庫といった感じで辞書を引きながら精読しました。
「白か黒か」を決める外交ではなく「どちらでもよい」(二元外交、三元外交)の
くだりは圧巻でした。
中華思想については理解しているつもりでしたが、新たな視点を聞かせて
くれたという感じで、大変勉強になりました。

四葉35歳男性
 『謎の会社、世界を変える。』のご感想
 起業の息づかいがリアルに伝わってくる。
世界初のサービスを開発する、というチャレンジが、人をひきつける。
そしてまた、新しいチャレンジができるという好循環。
正に、”企業は人なり”を地で行く会社。
ベンチャーっていいなって思える本。

四葉東京都、23歳男性
 『謎の会社、世界を変える。』のご感想
 人生を意味のある素敵なものにしようとする信念が伝わってきて、
パワーをもらいました。
本からも、エニグモを本当に愛している著者の気持ちが伝わってきて
私も将来に向けてこの人たちのようになりたいと、心から思いました。
ミシマ社さんも「本が世界を変える」というポリシーとビジョンで
たくさんの良書を送り出して下さい!待っています。

四葉東京都、67歳女性
 『病気にならないための時間医学』
 体内時計のことは聞いたことがありました。
地球の生物が、長い年月、太陽の影響を大きく受けていたことを
知ることができ、家族にも読ませなければと思いました。
ありがとうございました。

などなど・・・
少しずつお礼の葉書を書いております。
みなさま、ありがとうございます。
心よりお礼申し上げます。


写真は、手紙に貼ろうと今回買った記念切手。
この中に・・・。
王伝峰氏の「魚水情 春・夏・秋・冬」という作品の切手あり。
春夏秋冬!
しかも、とっても可愛らしい切手でした!

読者様より | 10:53 PM | comments (0) | trackback (0) |

ページのトップへ