原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

ないようである、かもしれない

ないようである、かもしれない発酵ラブな精神科医の妄言

星野概念(著)

1,700円+税

判型:四六判並製
頁数:216ページ
装丁:大原大次郎
装画:榎本俊二
発刊:2021年2月19日
ISBN:978-4-909394-48-4 C0095

  • 取り扱い書店
  • 一冊!取引所
  • POP情報はこちらから
  •         
  •         

Webで購入

内容

くるくるパーマ、ヘビ、日本酒…
治療でも、ましてや呪術でもないのに、心の淀みがほどける不思議な20話。
最注目の精神科医による待望のデビュー作
 
人の心は、絶対にわかりきれない。からこそおもしろい。
人生に迷いがちで、思考も飛躍しがち…そんな著者が、人や菌や音楽に導かれながら試行錯誤で歩む、滋味豊かな精神科臨床の日常。
 
私の主治医の、この決めつけを一切しないのんびりぶりで心を休めてください。
――いとうせいこう氏、太鼓判! !
 
さまざまな「ないようである」に出会うほどに、その人や物事にじつは内在する小さなことこそ、それぞれの味の決め手のように存在しているものだという実感を確かにしていきました。その存在感は独特です。「ないようである」ものは、「ない」でも「ある」でもなく、「ないようである」のです。(…)手にとってくださった皆さんのなかに、小さくて大切な何かしらが浮かび上がるといいなぁと思っています。――「まえがき」より。

著者情報

星野概念(ほしの・がいねん)

1978年生まれ。精神科医 など。病院に勤務する傍ら、執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。著書に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』『自由というサプリ』(以上、リトル・モア)がある。

関連ニュース

ミシマガ情報

星野概念さん新刊『ないようである、かもしれない』まえがき&動画メッセージ

榎本俊二×星野概念  『ムーたち』ラブな精神科医と榎本俊二の妄言対談

磯野真穂×星野概念 「病む」と「治る」ってなんだろう。~精神臨床と医療人類学の話から~(前編)
磯野真穂×星野概念 「病む」と「治る」ってなんだろう。~精神臨床と医療人類学の話から~(後編)

星野概念・いとうせいこうの「まとまりません!!」  『ど忘れ書道』×『ないようである、かもしれない』W刊行記念イベント(前編)
星野概念・いとうせいこうの「まとまりません!!」  『ど忘れ書道』×『ないようである、かもしれない』W刊行記念イベント(後編)
 

書店員の方々の声

「ないようである、かもしれない」という曖昧な、なんとも柔らかいエピソードの数々は、
コロナ禍の日々の生活の急速な変化でガチガチに固まってしまっていた気持ちを、ときほぐしてくれます。
五感で捉えきれなくて、わかりきることも、説明しきることもできない、「好きな感じ」こそを大切にすること。
なかなかうまくいかなくて逡巡する日々ですが心に留めておきたいです。
気持ちがほっと休まる一冊でした。
――代官山 蔦屋書店 人文コンシェルジュ 宮台由美子さん
 

目次

まえがき
Ⅰ 発酵する精神科臨床のはなし
第1話 日常も発酵も深海も、
第2話 人との和、輪、ワニ、を感じた月
第3話 キラキラしている人の胸の内には、
第4話 加圧もプラセボも信仰も、そして発酵も、
Ⅱ 「ないようである」のレッスン
第5話 小さな神様に見えてしかたありません。
第6話 「そもそも」を追うことが鍵のような気
第7話 「精神と時の部屋の逆の部屋」みたいな、
第8話 信頼というのは、信じて頼ると書くわけで、
第9話 共通するのは、「曖昧さに耐える」ということ
第10話 勘は、馬鹿にできないどころかとても大切な
Ⅲ かもしれない精神医療
第11話 境界線を揺らしたり、曖昧にさせるような小さな出来事
第12話 人間はみんな違って面倒くさい! ……からこそ最高にドラマティック
第13話 簡単に泣かせず、むしろ笑わせるMさん
第14話 どうしても生じてしまう圧は、
第15話 頼りになる人が自分のなかに内在して
第16話 遅めのスピード感を意識するということが
Ⅳ 「ないようである」菌やウイルスと生きる
第17話 ノロとアニキはまったく別の生物ですが、
第18話 自宅多めの生活から社会多めの生活に戻るのは、思いのほか
第19話 「普通」というのは正しさとか正解とかを意味するわけでは
第20話 無数の菌たちが無理なく自在にそこに
あとがき ―回り回ってつながって、本当に少しずつ―

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •