原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 【丹所千佳さん×花田菜々子さん】『京をあつめて』ミニトーク&おみたてイベント開催します!@HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(東京)

開催日:2018年9月 1日【丹所千佳さん×花田菜々子さん】『京をあつめて』ミニトーク&おみたてイベント開催します!@HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(東京)

2018.08.11更新

9月1日 (土) 14:00~
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

『京をあつめて』刊行記念
「京都好きな二人がお客さんひとりずつのリクエストをきいて
その人に合いそうな京都の観光スポットと京都に関する本をすすめまくるイベント」
  

0901hmv_topbanner.jpg
『京をあつめて』著者の丹所千佳さんとHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長の花田菜々子さんによる特別イベント開催が決まりました!

人の話をきいて「だったら京都のここに行ってほしい!」とおすすめするのが大好きな丹所さんと、人の話をきいて「だったらこの本読んでほしい!」とおすすめするのが大好きな花田さん。
 
京都ラブMAXな、エッセイでもガイドブックでもない不思議な魅力の本、「京をあつめて」の刊行を記念して、お二人でお客さまのお話をきいて、それにあわせて「おすすめスポット&おすすめ本」をお伝えするイベントです。
 
丹所さんは京都の白地図におすすめ場所を書き込んでそのままプレゼント。花田さんは用意した京都に関する本の中から、その人に合いそうな本をおすすめします。
 
京都に行くのは何回目?
京都のどんなところが好き?今まで行って好きだった場所は?
次に行くときはどんなところに行ってみたい?
 
秋の旅行の計画を立てたい方も、京都愛を語りたい方も。たのしく盛り上がりましょう。
 

<日程・会場>

日程:9月1日 (土) 14:00~   
会場:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

   東京都千代田区有楽町1-2-2
   日比谷シャンテ3F
 

<タイムテーブル>

14:00~14:30  丹所千佳さんによるトーク(聞き手:花田菜々子さん)
14:30~    整理番号順に、お一人様5分でお話をきき、それぞれおすすめします。
(それぞれの方へおおよそのお時間をお伝えしますので、番号が後のほうの方は予定時間ごろに戻ってきていただければ大丈夫です)

 

<お申込み方法>

HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE でご予約受付中です。

1. 店頭レジカウンターにて
2. お電話にて 03-5157-1900
 

<参加費>

開催店舗で『京をあつめて』を
・ご購入の方・・・・・500円(別途書籍代)
・ご購入でない方・・・1000円(イベントチケットのみ)

 

<出演者プロフィール>

tanjo.jpg

丹所千佳(たんじょ・ちか)

『京をあつめて』(ミシマ社)著者。
1983年、京都生まれ。編集者、会社員。高校までを京都で過ごし、大学時代と社会人生活で七年間の東京暮らしを経て、現在はふたたび京都で暮らす。「PHPスペシャル」「mille」 編集長。 

 

花田菜々子(はなだ・ななこ)

1979年、東京生まれ。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。自身の体験を綴った『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』(河出書房新社)を今年4月に出版。京都好き。
◆HIBIYA COTTAGEをつくる人々・・・http://www.hmv.co.jp/fl/34/79/1/

 

<対象書籍>

08.jpg『京をあつめて』

著者:丹所千佳
価格:1500円+税
装丁:名久井直子
発刊:2018年5月22日
 
たくさんの「好き」がわたしを形づくる。
好きなものを、愛したい。大切なものを、大事にしたい。
いくつもの「好き」を、いつまでも忘れないように。
 
京都に住み、京都を愛する編集者が、春夏秋冬を彩るかわいい、おいしい、切ない、楽しい、心踊る「京」の断片を綴る。
 
和菓子や祇園祭、桜や紅葉の名所に、「知る人ぞ知る」名店など、読む京都ガイドとしても充実の一冊。ミシマガで好評を博した「よろしな。」を改題し、加筆・修正してまとめた。


<写真パネル展&選書フェア あわせて開催中>

イベントにあわせて、8月10日よりHIBIYA COTTAGE店舗内では、丹所さんが「京」の断片を撮りあつめた写真のパネル展と、丹所さんと花田さんおすすめの京都本をあつめた選書フェアを開催中です。
 
「ふと足をとめた光景や季節の花々、食い意地ゆえに多くなりがちなおいしいもの。本を読んでいて印象的な言葉を書きとめるように、京都で日々を過ごしていて、心にとまったものを撮った」
 
という写真は、どれも京都のなにげない日々のきらめきが写り込み、あわせてご覧いただけば、ますます京都への想いがつのることまちがいなしです。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております*

180901HMV_bottom.jpg

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •