原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

ミシマ社ニュース

  • ホーム
  • ミシマ社ニュース
  • 【満員御礼】2018年9月27日(木)若林理砂さん×坂本美雨さんトーク「現代版・養生のすすめ ~カラダが整うとココロも整う」開催します!@青山ブックセンター本店(東京)

【満員御礼】2018年9月27日(木)若林理砂さん×坂本美雨さんトーク「現代版・養生のすすめ ~カラダが整うとココロも整う」開催します!@青山ブックセンター本店(東京)

2018.08.17更新

『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』刊行記念
「現代版・養生のすすめ ~カラダが整うとココロも整う」
若林理砂 × 坂本美雨 トークイベント
 
疲れやストレスのたまる忙しい日々、心の余裕を失って、つい周りにキツくあたってしまう……。そんな経験、ありませんか?
 
原因をたどっていくと、もしかしたらカラダの「ちょっとした不調」に問題の根っこがあるかもしれません。
 
カラダが健康になれば、ココロに余裕が生まれて、周りの人や子どもたちにもやさしく接することができるはず。周囲との関係性がよくなれば、自分自身も、自分をとりまく世界も、もっと生きやすくなりそうです。
 
著書『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』が刊行となった人気鍼灸師・若林理砂さんと、音楽に留まらず、作詞、翻訳、ナレーション、俳優などマルチな分野で活躍中の坂本美雨さんに、カラダを整えること、ココロを整えることについてお話いただきます。
 
カラダとココロを整えるための具体的なヒントから、それぞれのカラダにあった「養生」の実践法まで。
 
ぜひお気軽にご参加ください。
 

開催概要

■2018年 9月27日(木)19 :00~ 20:30(開場 18:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・小教室
■定員50名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法:
[1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。
[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売。
 ※電話予約は行っておりません。 

※定員に達しましたため、受付を終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました!
 

出演者プロフィール

若林 理砂(わかばやし・りさ)
wakabayashirisa.jpg
 
臨床家・鍼灸師。1976年生まれ。高校卒業後に鍼灸免許を取得。早稲田大学第二文学部卒(思想宗教系専修)。2004年に東京・目黒にアシル治療室を開院。現在、新規患者の受け付けができないほどの人気治療室となっている。古武術を学び、現在の趣味はカポエイラ。著書に『東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓』(原書房)、『安心のペットボトル温灸』『大人の女におやつはいらない』(夜間飛行)、『その痛みやめまい、お天気のせいです――自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法』 (廣済堂出版健康人新書)、など多数。
 
坂本美雨(さかもと・みう)
sakamotomiu.JPG
 
ミュージシャン。東京/NY育ち。
1997年、Ryuichi Sakamoto feat. Sister M名義でデビュー。 音楽活動に加え、ナレーションや執筆も行う。
JFN系全国ネットのラジオ「ディアフレンズ」のパーソナリティを担当。大の愛猫家で動物愛護活動にも力を注ぐ。児童虐待防止に取り組む「こどものいのちはこどものもの」発起人。
2015年に娘を出産。
 
Twitter:@miusakamoto
Instagram : @miu_sakamoto 

 

書籍紹介


9784909394118.jpg若林 理砂/著
1,600円+税
 
現代人よ、もっと、もっと、もっと寝よう!
体とのつき合い方がわかり、3カ月で不調が改善。
人気鍼灸師が実践する現代版・養生法。
 
・寝る時間は、3重の締め切りを設定して死守する
・寝室と布団内の温度と湿度が、睡眠の質を決める
・食事の半分は野菜を食べる
・野菜多めの食養生が、花粉症も軽減させる
・運動は、約7分のラジオ体操だけでいい
・初期のインフルエンザも葛根湯で治せる…etc.
具体的なアドバイスが満載。
 
(本書の現代版・養生を3カ月続けたら)おそらくは3カ月を待たずにだいぶいろいろな不調が改善してきていると思います。1年続けたら、季節ごとに出る不調の出方が軽減していることに気づくはずです。2年続けられたら、「自分はこんなに元気な人だったのだ」と思えるようになります。…そこまで続けられたら、みなさんの生活そのものが養生になっているはず。続けていけばいくほど、気力体力、それと無駄に使わなかった分の財力が増えていきますから、あとは、「ああ楽しかった」と息をひきとるその日まで養生と生きる楽しみを繰り返していくことです。
 
――本文より
 

関連ニュース

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •