自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

ウソつきの国

ウソつきの国

勢古浩爾(著)

1,600円+税

判型:四六判並製
頁数:256ページ
装丁:矢萩多聞
発刊:2017年2月22日
ISBN:978-4-903908-90-8 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

首相も大統領も、IT、ケータイ会社も……
ウソばっかり!
「言葉を舐めてませんか?」

この時代の「まっとうさ」を愚直に問い直す。

上場ITメディア企業、通販会社、浮気男、サイコパス、
新聞、週刊誌、テレビ、世界中の政治家たち……
ウソつきの国、ウソつき会社、ウソつきたちが急増中!?
著者は、「ふつうのおじさん」の立場から、本を読み、ものを書き、
34年会社に勤め、「まっとうに生きること」を問いつづけてきた。
地に足のついた思考を求めて、今こそ、著者の声に耳を傾けよう!

有史以来、ウソは人間世界を覆ってきた。ウソをつく人間はしばしば罪を逃れ、利を得てきただろう。悪質なウソをつかれた者は、誹謗中傷に晒され、身に覚えのない罪を負わされ、苦しんだだろう。ウソをつく才覚のない者は、〝正直者はバカをみる〟のとおり、損ばかりしてきただろう。それでも、小ばかにされ蔑視されながらも、「正直」は「ウソ」の真っ只中を生き抜いてきたのである。――「あとがき」より

著者情報

勢古浩爾(せこ・こうじ)

1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。洋書輸入会社に入社したが2006年に退社、執筆活動に専念。「ふつうの人」の立場から「自分」が生きていくことの意味を問いつづけ、『まれに見るバカ』(洋泉社・新書y)で話題に。その後も『アマチュア論。』(ミシマ社)、『会社員の父から息子へ』(ちくま新書)、『定年後のリアル』(草思社文庫)など著書多数。

ミシマガ情報

ミシマガジンで「勢古浩爾さんを読もう」特集を掲載中!
勢古浩爾さんを読もう(三島邦弘)
勢古浩爾さんを読もう(ミシマ社メンバー一同)

目次

まえがき――ウソはつきつめると難しい
第一章 ウソくさい言葉が蔓延している
第二章 平然とウソをつくハレンチな輩たち
第三章 「わたしの責任です」の無責任
第四章 「ウソでもいいから騙してほしい」
第五章 ウソの品質
第六章 事実の集め方によってウソができあがる
第七章 だれもウソなどつきたくない
あとがき――ウソのなかを生き抜く真

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •