自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

終わりなき旅の終わり

終わりなき旅の終わりさらば、遊牧夫婦

近藤雄生(著)

1700円+税

判型:46判並製
頁数:336ページ
装丁:文平銀座
発刊:2013年8月27日
ISBN:978-4-903908-44-1 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

5年旅して「夫婦」になった。異色の紀行ノンフィクション・『遊牧夫婦』シリーズ最終巻。結婚直後、夫婦で5年間の旅に出た『遊牧夫婦』。本書では、旅の最後の一年間、中国を出発してユーラシア大陸を横断、そしてアフリカへいたるまでの日々をお届けします。「一生旅をつづけたい」----出発時の思いは、ユーラシア大陸を駆け抜けるなかで、いかなる変化を遂げたか?旅する理由、働く覚悟、新たな夫婦の形...。2人が最後に見つけたものは?編集部註:本書から始めて、その後、1、2巻を読んでも十分楽しめます! 本書の旅のルート:北朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、チベット、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン、アルメニア、グルジア、トルコ、ギリシャ、イタリア、スイス、オランダ、スペイン、モロッコ、南アフリカ、ボツワナ、ザンビア、マラウィ。

著者情報

近藤雄生(こんどう・ゆうき)

1976年東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院修了後、旅をしながら文章を書いていこうと決意し、2003年に妻とともに日本をたつ。オーストラリアでのイルカ・ボランティアに始まり、東南アジア縦断(2004)、中国雲南省で中国語の勉強(2005)、上海で腰をすえたライター活動(2006-2007)、その後ユーラシア大陸横断を経て、ヨーロッパ、アフリカへ。2008年秋に帰国し、現在京都在住。著書に『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)、『遊牧夫婦』『中国でお尻を手術。~遊牧夫婦、アジアを行く』(以上、ミシマ社)。 Yuki Kondo

ミシマガ情報

西靖さんとの対談「僕たちが旅で見た、ここだけの話
ミシマガジンで「遊牧夫婦こぼれ話。」を連載中!

【著者メッセージ】近藤雄生さんからみなさまへ

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •