自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

増補版 街場の中国論

増補版 街場の中国論

内田樹(著)

1600円+税

刷り:5刷
判型:46判並製
頁数:352ページ
装丁:クラフト・エヴィング商會
発刊:2011年2月25日
ISBN:978-4-903908-25-0 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

真の国力は「負けしろ」の多さで決まる。
日本は中国から見れば化外の民?
中華思想はナショナリズムではない――。
一本の補助線を引く。すると、日本人には不可解きわまりない、隣国の言動の意味が見えてくる。内田樹の「名推理」冴えわたる、誰も書かなかった「決定版・中国論」。

著者情報

内田樹(うちだ・たつる)

1950年東京生まれ。東京大学仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程を中退後、同大学人文学部助手などを経て、現在は神戸女学院大学文学部教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。
著書に『街場の現代思想』『街場のアメリカ論』(以上、文春文庫)、『街場のメディア論』(光文社新書)、『日本辺境論』(新潮新書・2010年新書大賞 受賞)、『街場のマンガ論』(小学館)、『もういちど村上春樹にご用心』(アルテスパブリッシング)、 『街場の教育論』(ミシマ社)など多数ある。         

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •