自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

書いて生きていく プロ文章論

書いて生きていく プロ文章論

上阪徹(著)

1600円+税

刷り:3刷
判型:46判並製
頁数:320ページ
装丁:寄藤文平
発刊:2010年12月1日
ISBN:978-4-903908-23-6 C0030

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

40万部突破の『プロ論。』他、ベストセラーを続々手がける著者が明かす、生きた文章論。
人に会い、人に聞き、人に伝える、テクニックを超えたコミュニケーションの心得。

著者情報

上阪徹(うえさか・とおる)

1966年兵庫県生まれ。89年早稲田大学商学部卒。アパレルメーカーのワールド、リクルート・グループなどを経て、95年よりフリー。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がけている。

インタビュー集に『プロ論。』(徳間書店)シリーズ、『外資系トップの仕事力』(ダイヤモンド社)、『我らクレイジー☆エンジニア主義』(中経の文庫)、 著書に『新しい成功のかたち 楽天物語』(講談社)、『600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』(角川SSC新書)、『「カタリバ」という授業』(英治出版)な どがある。

書店員の方々の声

まさに「書いて生きていく」ための本。職業ライターを目指す人には、必読の書だと思います。

ブログやってる人とかとっても参考になる本だと思う。自分はめちゃくちゃ勉強になった。書評書く際の参考にしようっと。

有名人へのインタビュー集はたくさん出版されているが、中でも『プロ論。』は破格の売行きをみせた。その秘密がここにはある。

「書き方」だけでなく「聞き方」も重視していたのに驚きました。読み返せば読み返すほど文章術が身に付きそうですね。

読者に対して真摯に熱く語りかける内容で、「仕事のプロ論」といえる1冊。

目次

はじめに
第1章 その文章は誰が読む?
第2章 伝わる文章はここが違う
第3章 プロ文章家の心得
第4章 「話す」よりも「聞く」のが大事
第5章 プロの取材はこう行う
第6章 「書く仕事」のキャリア作り
第7章 「職業文章家」として生きるには
コラム1 ライターという職業
コラム2 雑誌記事を作る
コラム3 書籍を作る
おわりに

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •